【トレード情報】ディアンドレ・ジョーダンが、ジャリル・オカフォーらとの交換でピストンズへ移籍

    オールスター出場経験もあるブルックリン・ネッツのディアンドレ・ジョーダンが、ジャリル・オカフォー、セコウ・ドゥンブヤとの交換でデトロイト・ピストンズへ移籍したとESPNが報じた。トレード詳細は以下の通り。

    ネッツ ⇔ ピストンズ
    ジャリル・オカフォー
    セコウ・ドゥンブヤ
    ディアンドレ・ジョーダン
    将来のドラフト2巡目指名権 × 4
    5.78Mの現金

    ピストンズは元オールスター選手のジョーダンを獲得したが、アスレチック型ビッグマンであるジョーダンの衰えは顕著で、再建中のピストンズの構想にジョーダンは入っていない。ピストンズはジョーダンとバイアウトする見込みとのことで、今回のトレードはドラフト指名権の獲得が主目的とみられる。

    一方のネッツはオールスター選手を複数獲得しており、サラリーキャップが超過している。今回のトレードによってサラリーの削減に成功した。ただし、将来のドラフト指名権を多く放出しているため、現在のスーパーチームが失敗した場合には大きな痛手を受けそうな状況だ。
    また、元全米No1.学生選手だったオカフォーとドゥンブヤは潜在能力こそ示しているが、今シーズンの優勝を絶対条件とするネッツがロスターに残すかは不透明な状態だ。

    スマホでの動画閲覧はコチラから ⇒
    https://www.youtube.com/watch?v=eIKdD8_tNWk

     にほんブログ村 その他スポーツブログ NBAへ

    目次
    閉じる