【トレード情報】PJ・タッカーが、バックスへ移籍

    ヒューストン・ロケッツのスモールラインナップを象徴する選手として活躍し、多くの強豪が獲得を模索していたPJ・タッカーがミルウォーキー・バックスへ移籍した。
    トレード詳細は以下の通り。

    スクロールできます
    ロケッツ ⇔ バックス
    DJ・オーガスティン
    DJ・ウィルソン
    2021年1巡目指名権
    2023年1巡目指名権
    PJ・タッカー
    ロディアンス・クルークス
    2021年2巡目指名権
    2022年1巡目指名権

    派手さはないが攻守での堅実なプレーを持ち味とし、3Pシュートも打てるインサイドプレーヤーとして注目を集めていたタッカーには、ヤニスやケビン・デュラントらとマッチアップした守備力が期待されている。また、シクサーズやヒートなどの同カンファレンスのライバルチームにタッカーを移籍させなかったことで、間接的にヤニス対策をさせなかったともいえる。

     にほんブログ村 その他スポーツブログ NBAへ

    目次
    閉じる