【月刊NBAism】2021年1月号

    管理人の独断と偏見でNBAで起こったニュースをピックアップ!

    管理人
    2020−21シーズンはCOVID-19の影響で無観客試合や延期が多く発生していて、選手のコンディションも万全でない印象。その中でもレイカーズやシクサーズが評判通り勝っているのがポイントだね!
    目次

    ジェームズ・ハーデン、超大型トレードでネッツへ

    1度のシーズンMVPと、3度の得点王に輝いたジェームズ・ハーデンのトレードがついに成立した。このトレードによってハーデンはブルックリン・ネッツに移籍し、スティーブ・ナッシュHCとマイク・ダントーニAC のもとでケビン・デュラント、カイリー・アービングと共に超攻撃型BIG3を組むことになった。

    ハーデンの見返りとしてネッツはペイサーズにキャリス・ルバート、キャバリアーズにトーリアン・プリンスとジャレッド・アレンを放出。ペイサーズはロケッツにヴィクター・オラディポを放出した。ロケッツはハーデンの代わりにオラディポと多数のドラフト指名権を獲得したことで、将来のチーム再建に大きな柔軟性を得ることができた。

    管理人
    ハーデンのトレードは既定路線だったとはいえ、ネッツという選択はなかなかビックリした!
    あと個人的にはオラディポ放出は涙なしには語れない。
    あわせて読みたい
    【コラム】ジェームズ・ハーデンの超大型トレードが成立!勝ったのは何処か? 2020-21シーズン開幕前から話題になっていたジェームズ・ハーデンのトレードがついに成立した。 【トレード詳細】 オフシーズンにネガティブなニュースが取り沙汰された...

    渡邊雄太、イグジビット10契約から大きなインパクトを残す

    グリズリーズとの2way契約を終えた渡邊雄太が、ラプターズとイグジビット10契約を結んだのが12月初頭。そこから2way契約を結び開幕ロスターに残り、レギュラーシーズンで貴重な2ndユニットの一角として試合に出場している。

    2ndチームのディフェンスの要としての起用がメインだが、1月30日のサクラメント・キングス戦では24分の出場で12点、6リバウンドを記録した。スタッツ以上に渡邊の献身的なチームディフェンスとエナジーが現地でも高く評価されており、キングス戦後にはカナダのTwitterトレンド1位を獲得した。
    今後マークが激しくなることが予想されるが、本契約まであと一歩のところまできており、今季中の昇格が期待される。

    管理人
    日本人ファンにはエキサイティングな月だったね!
    チームディフェンスで結果を出した渡邊くんの今後の活躍に期待!
    あわせて読みたい
    【コラム】10日間契約から這い上がった渡邊雄太、NBA3年目の展望 2020−21シーズン前に10日間契約をトロント・ラプターズと結んだ渡邊雄太の躍進が止まらない。19試合が終わった時点で13試合に出場し、平均3.3点、3.6リバウンド、0.5ア...

    カイリー・アービングの「個人的理由で離脱」に憶測

    ハーデンの大型トレードにチームが揺れている中、BIG3の一角を担うカイリー・アービングが「個人的理由」で数試合欠場した。一時、ネッツのHCを務めるスティーブ・ナッシュも連絡が取れず、カイリーは政治活動に熱心な側面もあるため様々な憶測を呼んでいる。

    復帰後も本件についてカイリー本人からは語られていないが、デュラント、ハーデンとのBIG3構築は優勝以外はすべて失敗と言われても致し方ないレベルの超強力トリオだ。セルティクス移籍以降、カイリーのリーダー資質には疑問が呈されることが多く、ネッツを優勝に導けるかが注目される。

    管理人
    ボストン移籍以来、チームプレーヤーとしては評価が下がっているけど、スキルは歴代トップクラス!ネッツが優勝できるかに注目ですね。

    2020年12月〜2021年1月の月間MVPは、14年ぶりに東西センターが選出

    2020-21シーズン12月〜1月の月間MVPにフィラデルフィア・セブンティシクサーズのジョエル・エンビードと、デンバー・ナゲッツのニコラ・ヨキッチが選出された。
    東西カンファレンスからそれぞれセンターが選出されるのは2006年11月以来14年ぶりだ。

         ジョエル・エンビード    ニコラ・ヨキッチ   
    GP1216
    MIN31.435.1
    PTS28.927.3
    FG%55.2%56.5%
    3P%41.2%38.1%
    FT%84.4%84.9%
    OREB1.73.3
    DREB9.18.5
    REB10.811.8
    AST2.97.3
    STL1.31.8
    BLK1.30.6
    +/-+7.2+5.6
    2020-21シーズン1月の成績

    シクサーズはイースタンカンファレンス首位に位置しており、エンビードが出場した試合では14勝2敗と無類の強さを誇っている。ビッグマンながらFT成功率も高く、リーグ随一の支配力を見せている。

    ヨキッチは12月の4試合で平均トリプルダブルを達成しており、開幕から20試合連続でダブルダブルを記録している。ナゲッツはスタートダッシュに躓いたが、徐々に勝ち星を増やしウエスタンカンファレンス5位まで浮上している。

    管理人
    久々のセンター陣の同時受賞!
    ヨキッチとエンビードというタイプが違う2人が受賞したのも面白い!

     にほんブログ村 その他スポーツブログ NBAへ

    目次
    閉じる