【月刊NBAism】2021年2月号

    管理人の独断と偏見でNBAで起こったニュースをピックアップする「月刊NBAism 2021年2月号」。

    目次

    デリック・ローズ、恩師シボドーが率いるニックスに帰還

    最年少シーズンMVPを獲得し、NBAに旋風を巻き起こしたデリック・ローズがブルズ時代の恩師トム・シボドーHCが率いるニューヨーク・ニックスに移籍した。

    ニックスはジュリアス・ランドル、RJ・バレット、エマニュエル・クイックリーらを中心とした若手主体のチームだが、シボドーHCの守備思考がチームに浸透したことで久々のプレーオフ進出が見えている。若手チームゆえの安定感のなさが課題となるであろうシーズン後半〜プレーオフに向け、大怪我からの復活を遂げたローズの加入はセカンドチームの安定感のみならず、チームの精神的支柱としての役割も期待される。

    管理人
    ローズの経験やマインドセットは、クイックリーやバレットに良い影響を与えそうですね!
    あわせて読みたい
    【コラム】デリック・ローズ獲得したニックスの展望 ニューヨーク・ニックスが、シーズンMVP獲得経験もあるデリック・ローズをトレードで獲得したと発表した。ローズ獲得の対価として、ニックスはデニス・スミスJr.(DSJ)...

    ブレイザーズとウィザーズが、2夜連続で歴史に残る逆転劇

    ブレイザーズとウィザーズがNBAでも珍しい2夜連続での逆転劇を繰り広げた。ポートランド・トレイルブレイザーズは1月31日のブルズ戦で、デイミアン・リラードが残り11.5秒の間に3Pシュートを2本沈めた。

    翌2月1日には大型補強したネッツ相手にウィザーズが、第4クォーターにラッセル・ウエストブルックとブラッドリー・ビールの2人が合計37点と大爆発し、最後の12.3秒の時点で5点リードを許すもそこから2本の3Pシュートとフリースローで見事な逆転劇を演じた。

    管理人
    ESPNによると、過去25年で試合終了10秒未満で5点差以上だった勝敗は9勝2万3498敗(勝率0.00038%)となっていて、2夜連続は奇跡的な出来事ですね!

    フレッド・ヴァンブリート、54得点でラプターズ球団記録を樹立

    ラプターズのフレッド・ヴァンブリートが2月2日に球団記録となる1試合54点を記録し、これまでデマー・デローザンが保持していた52点を塗り替えた。この得点記録によって、同時にモーゼス・マローンが保持していたドラフト外入団選手の最多得点のNBA記録も更新した。

    管理人
    ヴァンブリートの球団記録更新は、下位指名選手やドラフト外選手の育成が上手いラプターズらしさを象徴してますね!

    イースタン最下位に低迷していたウィザーズが突然の快進撃

    八村塁も所属するウィザーズはイースタン最下位の成績に低迷していたが、2月14日のボストン・セルティクス戦の勝利を皮切りに、2月後半を7勝2敗と言う好成績を残した。5連勝はウィザーズにとって実に3年ぶりで、勝利したチームにはセルティクス、ナゲッツ、レイカーズ、ブレイザーズといった強豪チームが含まれている。

    あわせて読みたい
    【コラム】好調に転じたウィザーズが目指すはプレーオフか?再建か? 生え抜きのエースだったジョン・ウォールを放出し、MVP経験のあるラッセル・ウエストブルックを獲得して臨んだ2020−21シーズン。2021年3月現在で得点王レースを独走して...
    管理人
    八村選手が所属していることもあり、日本でも注目度が高いウィザーズ。ラスとビールが噛み合いだしたことで、これからも巻き返しに期待!

    2021年2月の月間MVPにハーデンと、初受賞のブッカーが選出

    2月の月間MVPにウエスタンからはフェニックス・サンズのデビン・ブッカー、イースタンからはブルックリン・ネッツに移籍したジェームズ・ハーデンが選出された。

    サンズは2月末時点で22勝11敗とウエスタン・カンファレンス4位に位置しており、チームのエースプレーヤーであるブッカーは平均27.9点、3.7リバウンド、4.5アシストと縦横無尽の活躍で、クラッチシュートも決めるなどチームを文字通り牽引し、キャリア初の月間MVPに輝いた。

    イースタン・カンファレンスから選出されたハーデンは1月に大型トレードでネッツに移籍し、13試合で平均25.6点、8.8リバウンド、10.7アシストを記録した。ケビン・デュラント、カイリー・アービングと超攻撃型BIG3を結成したネッツだが、得点王にも輝いた経験があるハーデンがチームの潤滑油になっていることでイースタン2位にまでチームが上昇している。

    管理人
    ボールシェアが課題といわれていたネッツの好調要因を、ハーデンのアシストが支えているというのが面白い!

     にほんブログ村 その他スポーツブログ NBAへ

    目次
    閉じる