【月刊NBAism】2021年5月号

    管理人の独断と偏見でNBAで起こったニュースをピックアップする「月刊NBAism 2021年5月号」。

    目次

    ラッセル・ウエストブルック、47年ぶりにトリプルダブル記録を塗り替える

    5月10日行われたアトランタ・ホークス戦で、ワシントン・ウィザーズのラッセル・ウエストブルックが 28点、13リバウンド、21アシストを記録し、182度目のトリプルダブルを達成した。この日のトリプルダブルによって、ウエストブルックはトリプルダブル回数で歴代1位となった。
    47年前にオスカー・ロバートソンが樹立した記録を破ることは難しいと思われていたが、ウエストブルックはあと数年は第一線で活躍できるため、さらなる記録が期待できそうだ。

    管理人
    ラスは当たり前にトリプルダブルをしすぎていて、トリプルダブルの難易度がバグってるね…

    レギュラーシーズンが終了

    2021年5月16日で、2020-21レギュラーシーズンの全日程が終了した。
    レギュラーシーズン後には、昨シーズン同様にプレーイン・トナーメントが開催され、イースタンはワシントン・ウィザーズが、ウェスタンはメンフィス・グリズリーズがプレーオフ進出を決めた。

    あわせて読みたい
    【コラム】2020-21プレーイン・トーナメントの解説と予想 日本時間2021年4月17日の試合で、すべてのプレーオフ/プレーイン進出チームが確定した。今季も2019-20シーズンに引き続きプレーオフ下位シードを決めるプレーイン・ト...

    2020-21プレーオフは下記のチームで争われる。

    シード順   イースタン・カンファレンス      ウェスタン・カンファレンス   
    1フィラデルフィア・セブンティシクサーズユタ・ジャズ
    2ブルックリン・ネッツフェニックス・サンズ
    3ミルウォーキー・バックスデンバーナゲッツ
    4ニューヨーク・ニックスロサンゼルス・クリッパーズ
    5アトランタ・ホークスダラス・マーベリックス
    6マイアミ・ヒートポートランド・トレイルブレイザーズ
    7ボストン・セルティクスロサンゼルス・レイカーズ
    8ワシントン・ウィザーズメンフィス・グリズリーズ

    NBAがミッドシーズン・トーナメントの導入を検討

    NBAが、以前にも導入を検討していた「ミッドシーズン・トーナメント」を再度検討していると報じられた。
    ミッドシーズン・トーナメントとは、欧州サッカーリーグで採用されているシーズン途中に実施されるトーナメント戦だ。レギュラーシーズン成績とは別軸で、以前に議論された際には8チームのシングルエリミネーション方式が議論されていた。トーナメントで優勝したチームには選手1人あたり100万ドルの賞金が検討されている。

    ミッドシーズン・トーナメントの導入が議論される背景には、プレーイン・トーナメントの成功がある。NBAとしてはミッドシーズン・トーナメントの実施による収益は大きいため実現に向けて検討が続けられているが、プレーイン・トーナメントへの選手の負担蓄積が問題となっており、開催に反対する選手も少なくないといわれている。

    管理人
    NBAは身体的負担が大きいリーグであるため、ミッドシーズン・トーナメントの単純な追加は選手の健康の面で課題がありそうですね。

    観客と選手のトラブルが続出

    2年ぶりの有人観戦となっている2020-21プレーオフだが、観客の行き過ぎた応援が問題となっている。

    5月26日のフィラデルフィア・セブンティシクサーズとワシントン・ウィザーズの対戦では、試合終了後にシクサーズのファンが退場中にラッセル・ウエストブルックに対して観客席からポップコーンを投げつけ、一触即発となった。該当のファンはシーズンチケット購入者だったが、シーズンチケットを剝奪の上、無期限でのアリーナ入場が禁止された。

    また、ニューヨーク・ニックスとアトランタ・ホークスの対戦となったプレーオフ1回戦では、ニックスファンがホークスのトレイ・ヤングに唾を吐きかける事案が起こった。ホークスの選手はもちろん、ニックスの選手からも非難の声が起き、該当ファンはニックスの本拠地であるマディソン・スクエア・ガーデンから永久追放されることとなった。

    ボストン・セルティックスとブルックリン・ネッツの対戦では、試合終了後に古巣セルティクスのロゴを踏みつけたカイリー・アービングに対して、セルティクスファンがペットボトルを投げつけ、TDガーデンから永久追放された。

    管理人
    選手もファンもフラストレーションが良くない方へ出ている気がする。ファン同士の乱闘も多いし、冷静に応援したいものだね。

    2021年5月の月間MVPに、ラッセル・ウエストブルックとステフィン・カリーが選出

    2021年5月の月間MVPとして、イースタン・カンファレンスからはラッセル・ウエストブルック、ウェスタン・カンファレンスからはステフィン・カリーが2ヵ月連続で選出された。

    ウェストブルックは5月の9試合で平均26.3点、13.8リバウンド、16.1アシストを記録し、通算182回目のトリプル・ダブルを達成したことで47年ぶりにNBA記録を塗り替えた。一時はプレーオフ出場も危ぶまれたワシントン・ウィザーズを牽引し、プレーイン・トーナメントを経て、チームをプレーオフ進出に導いた。

    2ヵ月連続での選出となったカリーは平均36.8点、5.1リバウンド、5.6アシストを記録し、こちらも8勝1敗という好成績でチームをプレーイン・トーナメント進出に導いている。ウィザーズのブラッドリー・ビールが独走していた得点王レースでもシーズン終盤の驚異的なパフォーマンスで追い越し、2020-21シーズンの得点王に輝いた。

    管理人
    2人ともシーズン終盤の圧倒的パフォーマンスは神掛かっていたね!ちなみに、カリーはウォリアーズ球団史上初の2ヵ月連続での月間MVP選出になりました!

     にほんブログ村 その他スポーツブログ NBAへ

    目次
    閉じる