【2021-22チームレビュー】Denver Nuggets(デンバー・ナゲッツ)

    シーズンMVPに選ばれたニコラ・ヨキッチを中心に、悲願の優勝を狙うデンバー・ナゲッツの2021-22シーズンの展望をご紹介します。

    目次

    2020-21シーズン:振り返り

    シーズン勝敗47勝25敗(勝率.653)
    プレーオフ結果カンファレンス・セミファイナル敗退
    OFF RATING117.1(7th/30)
    DEF RATING112.1(12th/30)
    NET RATING+5.0(6th/30)

    センターとして久々のシーズンMVP受賞を果たしたニコラ・ヨキッチと、2019-20シーズンにバブルで開花したジャマール・マレーの2エースを中心にウィル・バートン、ポール・ミルサップらで固めたラインナップは強力で勝ち星を積み重ねた。昨シーズンの優勝候補だったナゲッツだが、マレーが左膝前十字靱帯断裂という大怪我で戦線を離脱し、ナゲッツはカンファレンス・セミファイナルで姿を消した。

    ナゲッツはトレードデッドライン間際にマジックからアーロン・ゴードンを獲得し、ゴードンは高い身体能力と3Pシュートでチームに噛み合った。特にディフェンスでの貢献が大きかった。

    スマホでの動画閲覧はコチラから ⇒
    https://www.youtube.com/watch?v=Z9IRgGx9E9Q

    2021-22シーズン:プレビュー(2021年9月11日時点)

    開幕ロスター

    r:ルーキー tw:2way契約 ( ):怪我

     PG (ジャマール・マレー)モンテ・モリス
    ファクンド・カンパッソ
    ナション・ハイランド(r)
    マーカス・ハワード(tw)
    SGウィル・バートンオースティン・リバース
    P J・ドジャー
    SFマイケル・ポーターJr.ジェフ・グリーン
    ブラッコ・チャンチャー
    PFアーロン・ゴードンジャマイカル・グリーン
    ジーク・ナジ
    Cニコラ・ヨキッチボル・ボル

    ナゲッツはオフシーズンに入るとウィル・バートン、ジャマイカル・グリーン、オースティン・リバースと再契約した。ポール・ミルサップとジャベール・マギーのベテランビッグマン2人はチームを去ったが、代わりにブルックリン・ネッツからストレッチ4のジェフ・グリーンを獲得。ナゲッツは戦力維持に成功したといえるだろう。

    一方で、ジャマール・マレーの復帰は3月頃になると報道されている。復帰したとしても膝の前十字靱帯断裂の影響は未知数で、怪我前の運動能力が保証されているわけではない。プレーメイクについてはヨキッチが健康であれば大きな問題はないが、火力の面ではマレー離脱の影響は甚大だ。マレーが復帰するまでは、マイケル・ポーターJr.やアーロン・ゴードンがオフェンスを牽引していく必要がありそうだ。

    マレーが噂通りに2022年3月頃に復帰できたとしても、2021-22シーズンの優勝を目指せるかは微妙なところだ。ヨキッチ、マレー、ゴードン、ポーターJr.の年齢を考えると、2022-23シーズンに照準を置くのも悪くはない選択肢だ。

    注目選手:マイケル・ポーターJr.

    ジャマール・マレー離脱後にセカンドオプションに格上げされ、ヨキッチに次ぐ得点源となったマイケル・ポーターJr.は平均19.0点、7.3リバウンドという成績を残した。特にFG成功率54.2%、3P成功率44.5%と高いシュート成功率を残しており、ドラフト時に評価された能力が開花しつつある。

    ポーターJr.は再契約問題を抱えているが、2021-22シーズンはマレーがシーズン終盤まで離脱することから、正式にセカンド・オプションとなることが予想される。ポーターJr.とニコラ・ヨキッチとの連携がより高いレベルに昇華されれば、ナゲッツは本格的に優勝候補になりそうだ。

     にほんブログ村 その他スポーツブログ NBAへ

    目次
    閉じる