【2023-24:チームプレビュー】Charlotte Hornets(シャーロット・ホーネッツ)

  • URLをコピーしました!
目次

2022-23シーズンの振り返り

勝率27-55(.329)
Play Off未出場
オフェンス109.2(30位/30チーム)
ディフェンス115.3(20位/30チーム)
PACE100.8(8位/30チーム)

2021-22シーズンに勝率5割を超え、プレーオフ進出以上の結果を期待されたシーズンだったが、エースのラメロ・ボールが36試合の出場に留まり、チームのNo2に成長したマイルズ・ブリッジスがシーズン前に家庭内暴力で無期限出場停止という不運にさらされた。ゴードン・ヘイワードやテリー・ロジアーといった主力の怪我も頻発したことでチームは下位に沈んだが、ルーキーのマーク・ウィリアムズが後半戦は平均ダブル・ダブルを記録するなど、成長をみせた。

Off Season(オフシーズンの主な動き)

・マイケル・ジョーダンがチームを売却
・PJ・ワシントンと再契約
・マイルズ・ブリッジズにクオリファイングオファーを提示
・FAでフランクニリキナと契約
・ドラフト2位でアラバマ大のジョーダン・ミラーを指名
・ドラフト27位でアーカンソー大のニック・スミスJr.を指名
・ドラフト31位でジェームズ・ナジを指名
・ドラフト41位で指名したUCLAのアマリ・ベイリーと2way契約
・BKNへトレードでデニス・スミスJr.を放出
・ゼイビア・スニードを解雇

Roster Infomation:ロスター情報(2023年9月1日時点)

太字:スターター予想

Pos.Player
PGLaMelo Ball(ラメロ・ボール)
Frank Ntilikina(フランク・ニリキナ)
Nick Smith Jr.(ニック・スミスJr.)
Amari Bailey(アマリ・ベイリー)
SGTerry Rozier(テリー・ロジアー)
Bryce McGowens(ブライズ・マクゴウェンズ)
James Bouknight(ジェームズ・ブックナイト)
Kobi Simmons(コビー・シモンズ)
SFBrandon Miller(ブランドン・ミラー)
Miles Bridges(マイルズ・ブリッジズ)
Gordon Hayward(ゴードン・ヘイワード)
Cody Martin(コディ・マーティン)
PFP.J. Washington(PJ・ワシントン)
JT Thor(JT・ソー)
Leaky Black(リーキー・ブラック)
CMark Williams(マーク・ウィリアムズ)
Nick Richards(ニック・リチャーズ)
Kai Jones(カイ・ジョーンズ)

2023-24シーズン:プレビュー

怪我人が続出したなかでも気を吐いたデニス・スミスJr.がチームを去ったが、基本は昨年のロスターを維持。ラメロ・ボールが復帰し、昨年全休したマイルズ・ブリッジズが戻ってくるだけでも戦力UPだ。さらに、PJ・ワシントンと無事に再契約を結び、ドラフト2位指名のブランドン・ミラーが加入するなどウイングの層はかなり厚い。ゴードン・ヘイワードとテリー・ロジアー以外の主力は全員20代前半で、ラメロを中心としたアップテンポなオフェンスが展開されそうだ。

ラメロを中心とする主力陣が健康にシーズンを過ごせればプレーオフ進出は現実的な目標となるため、選手のフィジカルマネジメントはチームとしての必須項目だ。また、カイ・ジョーンズの素行問題なども噴出してきており、チームカルチャーをどのように構築していくかも球団全体の課題となりそうだ。

“NBAイズムが選ぶ!” 注目選手

Miles Bridges(マイルズ・ブリッジズ)

2021-22シーズンに平均20.2点、7.0リバウンドと大きく躍進したが、昨年オフに家庭内暴力問題で昨シーズンを棒に振ることになった。一時はNBA追放の噂もあったが、球団への忠誠心は高く、今オフにクオリファイングオファーにサインした。

高い身体能力とシュート力を併せ持っており、オフェンスバリエーションが広い。ディフェンス面での成長は必要だが、ラメロ・ボールが起点となるオフェンスと非常に相性が良い。本格的な復調までは時間が掛かるかもしれないが、2021-22シーズンの得点力が健在であれば、CHA躍進の原動力となりそうだ。

あわせて読みたい
【NBAチーム名鑑】Charlotte Hornets(シャーロット・ホーネッツ) ノースカロライナ州シャーロットを本拠地とする、複雑なチーム史をもつシャーロット・ホーネッツについてご紹介します。 【What's Charlotte Hornets(基本情報)】 本...
  • URLをコピーしました!
目次