【NBA選手名鑑】Matisse Thybulle(マティス・サイブル)

    2年目にして既にリーグ屈指のディフェンダーに成長したマティス・サイブルについて紹介します。(更新日:2021/8/15)

    目次

    Profile(プロフィール)

    氏名Matisse Thybulle
    (マティス・サイブル)
    国籍アメリカ合衆国                 
    出身アリゾナ州スコッツデール
    出身校ワシントン大学
    生年月日1997年3月4日
    身長/体重196cm/91kg
    ポジションSG/SF
    ドラフト2019年ドラフト20位
    NBA 経歴2019 –
    フィラデルフィア・セブンティシクサーズ
    引退
    永久欠番

    NBA 受賞歴

    NBA 優勝
    シーズン MVP
    ファイナル MVP
    MIP
    6th man賞
    All NBA 1st
    All NBA 2nd
    All NBA 3rd
    最優秀守備選手
    All Defensive 1st
    All Defensive 2nd1回(2021)
    新人王
    All ルーキー 1st
    All ルーキー 2nd
    得点王
    リバウンド王
    アシスト王
    スティール王
    ブロック王
    オールスター出場
    オールスターMVP

    Play Style(プレースタイル:独自評価)

    PER:10.1
    ※ PER(Player Efficiency Rating):スタッツを実力指数に変換した数値で、リーグ平均は15。

    オフェンス総合☆☆
    ディフェンス総合    ☆☆☆☆☆
    身体能力☆☆☆
    得点力(シュート)
    リバウンド
    アシスト(ゲームメイク)☆☆
    ハンドリング☆☆
    バスケットIQ☆☆☆☆
    テクニック☆☆☆
    人気/知名度☆☆☆

    注目ポイント:マティス・サイブル

    POINT1:リーグ屈指の若手ディフェンダー

    大学時代からディフェンスに定評があった新進気鋭のディフェンダー。Pac-12では最優秀守備選手を複数回獲得しており、2019年にはNCAAでスティール王を獲得。NBA2年目にしてオール・ディフェンシブ2ndチームに選ばれるなど、既にリーグを代表するディフェンダーの1人となっている。

    POINT2:シュート力を磨けば、重要度が増す

    シュートには難があり、2020-21シーズンのフリースロー成功率は44.4%とかなり低い。シュート全般を苦手としているため、現時点ではオフェンス面での貢献は期待できないが、既にリーグ屈指のディフェンス力を持っているため、シュート力が向上すれば優勝に欠かせない3&Dプレーヤーになる可能性を秘めている。

    POINT3:早熟ではあるが、長くリーグで重宝されそう

    将来の最優秀守備選手候補として期待されるサイブルだが、オーストラリア代表としてもプレーしており、経験を積めばより厄介なプレーヤーになりそうだ。また、自身のYouTubeチャンネルを持っており、写真や漫画などを趣味にしているなど、現代の若者っぽさもファンから愛される魅力の1つである。

    スマホでの動画閲覧はコチラから ⇒
    https://www.youtube.com/watch?v=85VRI2v7UX0

    NBA  STATS(スタッツ)

                  レギュラーシーズン プレーオフ 
    出場試合数(G)13016
    出場時間(MIN)19.918.4
    得点(PTS)4.34.4
    FG成功率(FG%).421.475
    3P成功率(3P%).330.316
    FT成功率(FT%).559.400
    リバウンド(REB)1.81.5
    アシスト(AST)1.10.3
    スティール(STL)1.51.2
    ブロック(BLK)0.90.8

     にほんブログ村 その他スポーツブログ NBAへ

    目次
    閉じる