【NBA選手名鑑】Reggie Miller(レジー・ミラー)

    90年〜00年代前半を代表する記憶に残り続けるクラッチ・シューター、レジー・ミラーについて紹介します。(更新日:2021/8/23)

    目次

    Profile(プロフィール)

    氏名Reggie Miller
    (レジー・ミラー)
    国籍アメリカ合衆国
    出身カリフォルニア州リバーサイド
    出身校カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)
    生年月日1965年8月24日
    身長/体重201cm/89kg
    ポジションSG
    ドラフト1987年ドラフト11位
    NBA 経歴1987 – 2005
    インディアナ・ペイサーズ
    引退2005年
    永久欠番ペイサーズ

    NBA 受賞歴

    NBA 優勝
    シーズン MVP
    ファイナル MVP
    MIP
    6th man賞
    All NBA 1st
    All NBA 2nd
    All NBA 3rd3回(1995, 1996, 1998)
    最優秀守備選手
    All Defensive 1st
    All Defensive 2nd
    新人王
    All ルーキー 1st
    All ルーキー 2nd1回(1988)
    得点王
    リバウンド王
    アシスト王
    スティール王
    ブロック王
    オールスター出場5回(1990, 1995, 1996, 1998, 2000)
    オールスターMVP

    Play Style(プレースタイル:独自評価)

    PER:18.4
    ※ PER(Player Efficiency Rating):スタッツを実力指数に変換した数値で、リーグ平均は15。

    オフェンス総合☆☆☆☆
    ディフェンス総合    ☆☆☆
    身体能力☆☆
    得点力(シュート)☆☆☆
    リバウンド
    アシスト(ゲームメイク)☆☆
    ハンドリング☆☆☆
    バスケットIQ☆☆☆
    テクニック☆☆☆☆
    人気/知名度☆☆☆☆

    注目ポイント:レジー・ミラー

    POINT1:記録より記憶に残る”ミラー・タイム”

    レジー・ミラーを語る上で欠かせないのが、”ミラー・タイム”と呼ばれた常人離れした勝負強さだ。有名なニックス戦での逆転劇や1998年プレーオフでのブルズ戦など、幾度となくチームを逆転勝利に導く活躍をしている。MVP経験はもちろんオールNBA1stチームにも選出されていないが、NBA史上に残るシューターの1人だ。

    POINT2:オフボールの動きに優れた稀代のシューター

    UCLA時代にはカリーム・アブドゥル=ジャバーに注ぐ通算得点を記録し、NBA入り後もシューターとして当時の3P成功数で歴代トップを保持していた。特筆すべきはディフェンスが激しくなるプレーオフでもシュート成功率がほとんど変わらず、フリーになる技術が非常に高い。

    POINT3:幼少期から培われた強気なスタイル

    姉のシェリル・ミラーは女子バスケ界の伝説的な選手だが、幼少期からシェリルと競い合った。また、幼少期には股関節の奇形によって正常に歩くことができなかった。そのような環境下で闘い続けてきたことで、レジーは非常にタフで気が強い選手になった。ジョーダンやスパイク・リーとの激しいトラッシュトークは有名だが、フィジカルなプレーが多かった80〜90年代において30分以上出場し続け、ほとんど欠場もなかった。

    スマホでの動画閲覧はコチラから ⇒
    https://youtu.be/rmme_HV1ccY

    NBA  STATS(スタッツ)

                  レギュラーシーズン プレーオフ 
    出場試合数(G)1,389144
    出場時間(MIN)34.336.9
    得点(PTS)18.220.6
    FG成功率(FG%).471.449
    3P成功率(3P%).395.390
    FT成功率(FT%).888.893
    リバウンド(REB)3.02.9
    アシスト(AST)3.02.5
    スティール(STL)1.11.0
    ブロック(BLK)0.20.2

     にほんブログ村 その他スポーツブログ NBAへ

    目次
    閉じる