【契約情報】ベテラン3&Dのマービン・ウィリアムスがバックスと契約

    2005年ドラフト2位でホークスに加入し、直近5シーズンはシャーロット・ホーネッツで3&Dとして貢献したマービン・ウィリアムスがミルウォーキー・バックスと契約した。

    ウィリアムスは今季41試合に出場し、平均6.7得点、2.7リバウンド、1.0アシストを記録している。PFであるが3Pシュートが上手く、3P成功率37.6%と高確率でシュートを決めている。ホーネッツは今季のプレーオフ進出は絶望的で、将来を見据えて若手PFのPJ・ワシントンの成長をより促す狙いもあり、2020年オフに完全FAとなるウィリアムスはバイアウトされていた。

    バックスは2018-19シーズンMVPのヤニス・アデトクンボを中心に、リーグ首位を独走している優勝候補。ヤニスの突破力は現在のNBAでも飛び抜けおり、オールスター選手のクリス・ミドルトンやパット・カナトン、Cながら3Pシュートも打てるブルック・ロペスなど、長距離砲が期待できる選手を揃えている。ヤニスがスラッシュ型のプレースタイルということもあり、3Pシュートが上手い選手との相性が良いとされている。

    バックスに3&Dのウィリアムスが加入したことにより、3Pシュートのオフェンスパターンが拡充するとともに、オフボールでのスペーシングにも貢献できるだろう。また、プレーオフでより重要とされるディフェンス面での向上も期待できる。NBA15年目のベテランが、優勝へのラストピースとなれるかに注目だ。

     にほんブログ村 その他スポーツブログ NBAへ

    目次
    閉じる