【契約情報】アンドレ・イグダーラ、トレード移籍前提でグリズリーズと同意

    メンフィス・グリズリーズは今オフに獲得したアンドレ・イグダーラを、バイアウトせずにトレードする意向であると「ESPN」が報じた。イグダイーラは昨年ウォリアーズに在籍し平均5.7点、3.7リバウンド、3.2アシストを記録しており、王朝を築いたウォリアーズのオリジナルメンバーとしてチームを支え、2015年にはファイナルMVPに選出されている。

    NBA16年目となる35歳のベテランはフィラデルフィア・セブンティシクサーズでエースとして活躍していた頃と比べると衰えはあるものの、ディフェンス面や勝負所のプレーではチームに欠かすことができない名ロールプレーヤーだ。

    マルク・ガソル、マイク・コンリーの2人のコアプレーヤーを放出し、絶賛再建中のグリズリーズだが、イグダーラをウォリアーズから獲得した当初はキープする予定とも伝えられていた。しかし、球団とイグダーラが協議した結果、イグダーラはキャンプに参加せずにトレード先を探すことになる。ただし、17.2Mドルの契約が残っているイグダーラのトレード先を探すことは簡単ではないだろう。現実的には優勝を狙う強豪が、優勝へのラストピースとしてイグダーラを獲得することが予想される。

    現時点でイグダーダに興味を持っているとされるのは、レブロン・ジェームズ率いるロサンゼルス・レイカーズと、ラッセル・ウエストブルックを獲得したことでリーグ最高峰のバックコードデュオを形成したヒューストン・ロケッツだ。この両チームは今オフに大型補強に成功し、優勝を見据えている2チームだ。ただし、レイカーズもロケッツもサラリーキャップは厳しい状態にあり、グリズリーズが興味を持つであろう若手やドラフト指名権がないという状況だ。

    キャリア終盤になっているイグダーラが再建中のチームに好き好んでいくとは考えにくい。レイカーズせよ、ロケッツにせよ、その他の優勝候補チームにせよ、イグダーラは優勝へのライトピースになり得る選手だろう。

     にほんブログ村 その他スポーツブログ NBAへ

    目次
    閉じる