【契約情報】マーベリックス、ドンチッチとジャクソンのオプションを行使

    昨年の新人王であるルカ・ドンチッチと、2017年ドラフト15位のジャスティン・ジャクソンのオプションをダラス・マーベリックスが行使した。ドンチッチには3年目オプション、ジャクソンには4年目オプションと、2人がマーベリックスにとって中心選手となることを期待されてのオプション行使と思われる。

    ドンチッチは2018年にドラフト3位でマーベリックスに指名された。欧州最高峰と言われるスペインのレアル・マドリードに所属し、NBA入り直前にはACB史上最年少でトリプル・ダブルを達成し、ユーロリーグで優勝と最年少MVPを獲得した逸材だ。その前評判に違わず、NBAでも1年目からマーベリックスのエースとして平均21.2点、7.8リバウンド、6.0アシストと驚異的な活躍で新人王を獲得した。若干19歳のルーキーながらベテランのような落ち着きのあるプレーで多くのファンを驚かせた。

    ジャクソンは、2017年にドラフト15位でNBA入りしたが1年目は伸び悩み、昨年シーズン途中にサクラメント・キングスからマーベリックスにトレードされていた。ペイントエリアでのオフェンスが評価されており、近年重要視されるアウトサイドシュートも苦手ではなく、オフェンス力に秀でたスイングマンと期待されている。キャリア成績は平均7.0点、2.7リバウンド、1.1アシスト、FG成功率が44.5%、3P成功率は33.5%と限られた時間で安定的な活躍が期待される。

     にほんブログ村 その他スポーツブログ NBAへ

    目次
    閉じる