【契約情報】ライアン・アンダーソン、ロケッツと部分保証ありの契約で合意

    FAになっていたライアン・アンダーソンが、ヒューストン・ロケッツと部分保証ありの契約合意した。アンダーソンは2008年にドラフト21位でNBA入りし、レギュラーシーズン647試合で平均25.9分、12.4点、5.3リバウンドを記録しているベテランフォワード。2016年から2年間ロケッツに在籍した経験があり、今回の契約で古巣復帰を果たす。

    ロケッツは今オフにラッセル・ウエストブルックを獲得し、ジェームズ・ハーデンとウエストブルックの超攻撃型バックコートをサポートする人材を探していた。FG成功率42.2%、3P成功率38.0%を記録しており、セカンドユニットでの得点力が期待される。

    2018-29シーズンは得点・リバウンド・アシストのすべてでキャリアワーストを記録していたが、ハーデン、ウエストブルックとの相性は良いと考えられるため、ピンポイントでの起用で効果的な働きができればローテーション定着もありえる。

     にほんブログ村 その他スポーツブログ NBAへ

    目次
    閉じる