【契約情報】ヴィンス・カーター、ホークスと再契約

    アトランタ・ホークスに所属しているヴィンス・カーターが、再契約したとチーム公式HPが発表した。カーターが2019-20レギュラーシーズンに出場すればNBA史上最長となる22シーズン、2020年に出場すれば4年代(90年、00年、10年、20年)に出場した唯一の選手となる。

    カーターは1998年に全体5位でドラフトされ、キャリア初期はリーグ史上屈指のダンカーとして名を馳せた。新設チームだったラプターズのエースとして新人王を獲得し、オールスターゲームにも8度選ばれている。2018-19シーズンはアトランタ・ホークスに所属し、平均7.5分の出場で7.4点、2.6リバウンド、1.1アシストを残している。

    キャリア初期においてはアレン・アイバーソン、コービー・ブライアント、カーターの従兄弟でもあるトレイシー・マグレディらとともに、ジョーダン引退後のリーグを代表するスター選手として活躍した。この頃のプレースタイルは、抜群の身体能力を駆使したアスレチックなプレーヤーで、派手なダンクは歴代最高レベルの高さと速さを誇っていた。

    キャリア初期の身体能力に頼ったプレーから全盛期は長くないとの意見もあったが、徐々にアウトサイドシュート(特に3Pシュート)や老獪なプレーを身につけ、チームのエースからチームを支えるベテランプレーヤーに変貌した。昨年のFG成功率が41.9%、3P成功率は38.9%というスタッツからも、彼がいかに限られた時間で適切なシュートセレクションを行っているかがわかる。キャリア平均では平均30.7分の出場で平均17.2点、4.4リバウンド、3.2アシスト、1.0スティールを記録しており、時間計算では42歳の現在でもパフォーマンスを維持している。

    ホークスは昨年の新人王を争ったトレイ・ヤング、ストレッチ4として頭角を表してきたジョン・コリンズが新たな核として期待されている若手主体のチームだ。チームは昨年イースタン12位と低迷したが「NEXTウォリアーズ」と評価されるほど、期待されている。

     にほんブログ村 その他スポーツブログ NBAへ

    目次
    閉じる