【コラム】2019-20シーズンは7月31日から新フォーマットで再開予定

    COVID-19の影響でシーズン中断となっていたNBAが、2020年7月31日からフロリダ州オーランドのディズニーワールドで再開される方針を示した。期間中はすべての生活がディズニーワールドで完結されるとのことで、外部との接触は制限されるとのこと。

    目次

    再開後のフォーマットについて

    具体的な再開フォーマットとしては、レギュラーシーズンでプレーオフ出場圏内にいた16チームとプレーオフ出場圏外の上位6チームの計22チームが8試合の「シーディングゲーム」を行ない、中断前のレギュラーシーズンの成績を合わせた勝敗によってプレーオフ進出が決まる。
    プレーオフについては、当初は東西の上位16チームがカンファレンスを跨がずにトーナメントを行う新フォーマットも提案されていたが、最終的には東西の上位8チームのトーナメント方式の4ラウンド各7ゲームという従来通りのフォーマットが予定されている。

    <出場チーム>
    ■イースタンカンファレンス

    1. ミルウォーキー・バックス
    2. トロント・ラプターズ
    3. ボストン・セルティクス
    4. マイアミ・ヒート
    5. インディアナ・ペイサーズ
    6. フィラデルフィア・セブンティシクサーズ
    7. ブルックリン・ネッツ
    8. オーランド・マジック
    9. ワシントン・ウィザーズ

    ■ウェスタンカンファレンス

    1. ロサンゼルス・レイカーズ
    2. ロサンゼルス・クリッパーズ
    3. デンバー・ナゲッツ
    4. ユタ・ジャズ
    5. オクラホマシティ・サンダー
    6. ヒューストン・ロケッツ
    7. ダラス・マーベリックス
    8. メンフィス・グリズリーズ
    9. ポートランド・トレイルブレイザーズ
    10. ニューオーリンズ・ペリカンズ
    11. サクラメント・キングス
    12. サンアントニオ・スパーズ
    13. フェニックス・サンズ

    プレーオフ圏外のチームとしては、東地区では八村塁が所属するワシントン・ウィザーズがシーディングゲームに参加するが、8位のマジックとの勝敗差は5.5ゲームとなっており、プレーオフ進出はかなり厳しい状態だ。
    また、渡邊雄太が所属する西地区8位のメンフィス・グリズリーズは、9位のブレイザーズ、10位のペリカンズ、11位のキングスとは3.5ゲーム差、12位のスパーズとも4ゲーム差となっている。7位のマーベリックスとは7ゲーム差開いており、プレーオフ進出に向けて予断を許さない状況だ。

    今後の予定

    予定通りいけば10月中旬にすべての日程が消化されるため、2020-21シーズンは後ろ倒しされる。

    7月31日:2019-20シーズン再開
    8月25日:2020 NBAドラフトロッタリー
    10月15日:2020 NBAドラフト
    12月  1日:2020-21シーズン開幕

     にほんブログ村 その他スポーツブログ NBAへ

    目次
    閉じる