【2019-20:プレビュー】サンアントニオ・スパーズ

    目次

    オフシーズンの動き

    加入・デマーレイ・キャロル(BKN)
    ・トレイ・ライルズ(DEN)
    ・ルカ・サマニッチ(Draft19位)
    ・ケルドン・ジョンソン(Draft29位)
    ・クインダリー・ウェザースプーン(Draft49位)
    ・ドルトン・ホムズ(Draft外)
    ・デドリック・ローソン(Draft外)
                     
    退団・ダービス・ベルターンス
    ・ダンテ・カニングハム
    ・クインシー・ポンデクスター
    ・ベン・モア
    ・ドナタス・モティユナス
                     

    予想ロスター

    PGSGSFPFC
    1stデジャンテ・
    マレー
    デマー・
    デローザン
    ルディ・
    ゲイ
    ラマーカス・
    オルドリッジ
    ヤコブ・
    パートル
    2ndデリック・
    ホワイト
    マルコ・
    ベリネリ
    デマーレイ・
    キャロル
    トレイ・
    ライルズ
    チメジー・
    メトゥ
    3rdパティ・
    ミルズ
    ロニー・
    ウォーカーⅣ
    ケルドン・
    ジョンソン
    ルカ・
    サマニッチ
    4thブリン・
    フォーブス
    5th                                   

    2019−20シーズンの展望

    ティム・ダンカン、トニー・パーカー、マヌ・ジノビリのBIG3の時代が終わり、次世代のエースとして頭角を現したカワイ・レナードと中心にスタートした2018-19シーズンだったが、シーズン途中にレナードをトロント・ラプターズに放出。代わりにペリメーターでのオフェンススキルが高いデマー・デローザンを獲得した。

    デローザンは名称グレッグ・ポポビッチHC好みのミドルシュートを多用するタイプのSGであり、ポポビッチHCの方針もあり、昨年はキャリアハイの6.0アシストを残した。インサイドの要であるラマーカス・オルドリッジとの相性も良く、2人とも平均21点とボールをシェアした。スパーズ移籍直後は忠誠を誓ったラプターズに放出されたショックから精度を欠いたが、最終的にはスパーズのエースとしてシーズンを終えた。

    オルドリッジ、デローザンと2人のペリメータープレーヤーを擁していることもあり、オフェンスレーティングはリーグ6位を記録している。しかし、ディフェンスレーティングではリーグ20位と平均以下の結果だ。オルドリッジもデローザンもディフェンスを苦手としている選手ではないが、リーグ有数のディフェンダーとして知られる前任者のカワイ・レナードと比べるとデローザンのディフェンスは劣っているのは事実だ。ウェスタンの強豪は着々と大型補強を実施しており、シーズン終盤からプレーオフにかけてはディフェンスが非常に重要となる。ポポビッチHCがディフェンスを重要視していることもあり、エース2人のディフェンスでのステップアップは23年連続プレーオフ進出の鍵になりそうだ。

    2017−18シーズンに才能の鱗片を見せたデジャンテ・マレーとロニー・ウォーカー四世の2人が怪我から復帰する今季は、バックコートでさらなる成長をみせたいところだ。バスケットIQの高いマレーと、爆発力のあるウォーカーの若手コンビは魅力的だが、まだNBAレベルでの安定感はない。彼らが成長をみせ、デローザンとケミストリーを構築できれば面白い存在になるだろう。

    PGには2018-19プレーオフで開花したデリック・ホワイトがおり、ベテランのパティ・ミルズがベンチには控えている。スパーズは伝統的にPGがゲームメイクをする比重が高いため、マレー、ウォーカー、ホワイトの若手バックコート陣の成長はスパーズの生命線だ。

    サポート要員として、全盛期は過ぎているがルディ・ゲイ、マルコ・ベリネリ、デマーレイ・キャロルと実績のあるメンバーを揃えている。それぞれ3Pシュートやリバウンドで貢献することができ、デローザンとオルドリッジをサポートできる。

    ポポビッチ体制のスパーズの強みは一貫してインサイドの安定感と、PGのゲームコントロール力にある。また常にエースキラーと言われるリーグ屈指のペリメーターディフェンダーがいた。NBA歴代でも最高峰の安定感持っていたティム・ダンカンと、ファイナルMVPの受賞歴のあるトニー・パーカーは引退し、現役No1ディフェンダーの呼び声も高いレナードはチームを去った。20年間にわたってスパーズを支えてきた強みは、ポポビッチ体制の23年間でもっとも弱くなっているといっていいだろう。

    3年の延長契約を結んだものの70歳を迎えたポポビッチHCの去就にも注目だ。アシスタントコーチに殿堂入りの教え子ティム・ダンカンを加えたことから、コーチングについても世代交代が起こるのは時間の問題だろう。

    昨年のプレーオフでデンバー・ナゲッツ相手に7戦までもつれ込んだことを考えると、プレーオフ進出は現実的だ。しかし、ウェスタンカンファレンスの強豪が大きな補強を実施した2019-20シーズンは、スパーズにとっては過去最大の試練となるだろう。

     にほんブログ村 その他スポーツブログ NBAへ

    目次
    閉じる