【2019-20:プレビュー】シャーロット・ホーネッツ

    目次

    オフシーズンの動き

    加入・テリー・ロジアー(BOS)
    ・PJ・ワシントン(Draft 12位)
    ・コディ・マーティン(Draft 36位)
    ・ジェイレン・マクダニエル(Draft52位)
    ・ロバート・フランクス(Draft外)
                     
    退団・ケンバ・ウォーカー
    ・ジェレミー・ラム
    ・フランク・カミンスキー
    ・トニー・パーカー
                     

    予想ロスター

    PGSGSFPFC
    1stテリー・
    ロジアー
    ニコラ・
    バトゥーム
    マイルズ・
    ブリッジズ
    マービン・
    ウィリアムス
    コディ・
    ゼラー
    2ndデボンテ・
    グラハム
    マリーク・
    モンク
    マイケル・K・
    ギルクリスト
    PJ・
    ワシントン
    ビズマック・
    ビヨンボ
    3rdドゥエイン・
    ベーコン
    コディ・
    マーティン
    ジェイレン・
    マクダニエルズ
    ヴィリー・
    エルナンゴメス
    4thロバート・
    フランクス
    5th                                   

    2019−20シーズンの展望

    2018-19シーズンのシャーロット・ホーネッツは、イースタン9位とプレーオフ進出まであと一歩の成績を残した。その中心にいたのは、生え抜きエースのケンバ・ウォーカーだ。

    ケンバは1試合平均25.6点を記録し、1試合60点ゲームをはじめ、40点超えのゲームを連発するまさに鬼気迫るプレーを披露した。ケンバに次ぐ得点源に成長したのは、3&Dとして開花したリーグ7年目のジェレミー・ラムだ。マリーク・モンク、マイルズ・ブリッジズといった生え抜きのドラフト指名選手が精彩を欠き、マイケル・キッド・ギルクリスト、フランク・カミンスキー、コディ・ゼラーらベテランが怪我で離脱するチーム状況のなか、ケンバとラムのバックコートコンビの活躍で勝ち星を増やした。

    今オフにホーネッツは、チームの絶対的エースのケンバをセルティクスに放出し、2ndオプションに成長したラムを引き止めることをしなかった。過去の高額契約によって追加の高額オファーができないという事情はあるが、チームの1番手と2番手を同時に失ったことで、ホーネッツは本格的な再建モードに入りそうだ。

    ケンバの代わりとして白羽の矢を立てたのは、セルティクスの控えPGとして活躍していたテリー・ロジアーだ。ロジアーはケンバと似たタイプのスコアリングPGであるが、ケンバほどの実績とインパクトはなく、チームリーダーとしての資質も未知数だ。セルティクスではカイリー・アービングが欠場していたシーズンは主力級として活躍したものの、昨年は平凡な数字に終わっており、3年5,800万ドルの契約は割高感は否めない。また、平均3アシスト以上を記録したことがなく、ブリジッズやモンクらの成長を促したいホーネッツに噛み合うかも疑問だ。

    SGには安定感のあるニコラ・バトゥーム、爆発力があり飛躍が期待されるマリーク・モンクがおり、PGと比べるとバランスは良い。SFのマイケル・キッド・ギリクリストとバトゥームは、チームに堅実に攻守で貢献できるタイプであるため、ロジアーとの相性も悪くないだろう。

    また、2年目のマイルズ・ブリッジズが先発SFを任せられると思われる。評価の高いディフェンスに加えて、大学で平均17.0得点を獲得したオフェンス力を期待されている。現時点ではロジアーがチームの1stオプションになるだろうが、プレーオフ進出を見据えるとブリッジズとモンクの成長が不可欠だ。 

    インサイドには、ケンタッキー大学のPJ・ワシントンをドラフト12位で指名した。ワシントンは昨年大きく成長し、平均12.9点、6.6リバウンド、1.03ブロックという数字を残した。FG成功率52.1%、3P成功率38.7%と高確率でシュートを決めることができることに加え、219cmのウイングスパンを駆使した守備力にも定評があり、3&Dとしての成長が期待できる。安定感のあるベテランのマービン・ウィリアムスが先発PFを務めるだろうが、ワシントンの成長次第ではシーズン途中から先発に抜擢される可能性は低くないだろう。

    一方、Cは昨年と同じくコディ・ゼラー、ビズマック・ビヨンボ、ヴィリー・エルナンゴメスの3人が務める。機動力があるゼラーとエルナンゴメス、守備に秀でた肉体派のビヨンボとバリエーション豊かで、ホーネッツでもっとも安定したポジションだ。しかし、昨年リーグ17位に終わったディフェンスの改善は必要だ。

    ロジアー、モンク、ブリッジズの出来次第ではあるが、スモールラインナップを多用する戦術が上手くいけば、ワシントンがCとして起用される場面も予想される。 長年エースとして活躍してきたケンバ・ウォーカーを放出し、チームリーダーとしてもエースとしても未知数のロジアーと高額契約を結んだチーム方針には疑問が残る。それでも、爆発力のある3年目のモンクと、身体能力の高い2年目のブリジッズ、攻守で活躍できる可能性のあるワシントンの2番〜4番には可能性を感じる。彼らをロジアーやバトゥームがフォローする体制になれば、予想に反してプレーオフ争いをする可能性もゼロではない。

    スモールマーケットであるホーネッツは、潤沢な予算や大物FAにアピールできる要素が多くない。そういった市場にありながら、サポートタイプの選手であるバトゥームやウィリアムズに高額契約を与えるなど、ホーネッツ首脳陣のチーム作りには首を傾げざるえない。チームの1番手・2番手を何の見返りもなく放出するチームはNB全体でも多くはないだろう。

    ドラフトした選手を育て、フランチャイズプレーヤーとして長く活躍してもらうのが、スモールマーケットにとっては一番の近道だ。そういう意味でも絶対的エースだったケンバが抜けた2019-20シーズンは、今後のチーム運営にも大きく関係しそうだ。

     にほんブログ村 その他スポーツブログ NBAへ

    目次
    閉じる