【2019-20:プレビュー】デンバー・ナゲッツ

    目次

    オフシーズンの動き

    加入・ジェレミー・グラント(OKC)
    ・PJ・ドジャー(BOS)
    ・ブラッコ・チャンチャー
     (2017年Draft49位)
    ・ボル・ボル(Draft44位)
    ・タイラー・クック(Draft外)
                     
    退団・アイザイア・トーマス
    ・トレイ・ライルズ
    ・タイラー・ライド
                     

    予想ロスター

    PGSGSFPFC
    1stジャマール・
    マレー
    ギャリー・
    ハリス
    ウィル・
    バートン
    ポール・
    ミルサップ
    ニコラ・
    ヨキッチ
    2ndモンテ・
    モリス
    マリーク・
    ビーズリー
    トリー・
    クレッグ
    ジェレミー・
    グラント
    メイソン・
    プライムリー
    3rdPJ・
    ドジャー
    マイケル・
    ポーターJr
    ファン・
    エルナンゴメス
    ボル・ボル
    4thブラッコ・
    チャンチャー
    5th                                   

    2019−20シーズンの展望

    デンバー・ナゲッツはこの2年間、コアメンバーを変えずに大きく飛躍することに成功した。2018-19シーズンは強豪が多いウエスタンカンファレンスでレギュラーシーズン2位の成績を残したが、プレーオフでは経験不足に苦しみ、ポートランド・トレイルブレイザーズに惜しくも敗れた。

    ナゲッツはオフシーズンにベテランのポール・ミルサップにチームオプションを行使し、スコアリングPGとして開花したジャマール・マレーと5年MAX契約を結んだ。その他の動きとしては、昨年オクラホマシティ・サンダーで先発に定着したジェレミー・グラントを、ボストン・セルティクスから若手スイングマンのPJ・ドジャーを獲得するに留まった。大物FAの動向が話題となった今オフを堅実なピンポイント補強のみで終えたのは、現在のチームに対する自信の表れだろう。

    センター離れしたコートビジョンとパスセンスを持つニコラ・ヨキッチ、個人技でスコアリングを重ねる攻撃的PGのマレーのワンツーパンチを中心にしたチームは、2001年にコービー・ブライアントとシャキール・オニール擁するレイカーズに肉薄したサクラメント・キングスを彷彿させる。特にインサイドで起点となるヨキッチのパス能力は、昨年のスタッツが平均20.1点、10.8リバウンド、7.3アシストと彼の多才ぶりが見て取れるだろう。

    マレーは3Pシュートとドライブの双方で相手に揺さぶりをかける万能PGだ。平均4.8アシストとPGとしては低いアシスト数だが、これは本来PGに求められるゲーム構築をヨキッチが行っているためだ。ヨキッチがボールを適切に配給できるため、アウトサイドで揺さぶりをかけスペースができればカットイン、オフェンスシステムでフリーになれば3Pとマレーの得点力を活かすことができている。控えPGになるだろうモンテ・モリスや、SGのギャリー・ハリスも高いシュート力を持っており、ヨキッチとの相性が良い。特にハリスは、マレーと似たタイプであり、マレーとハリスがディフェンスを翻弄すると同時に司令塔のヨキッチが適切なプレーを選択するというスタイルだ。これはヨキッチの能力とアンセルフィッシュな性格がチームの基礎ということの証左だろう。

    フロントコートで特筆すべきはPFだ。リーグ14年目のベテランであるポール・ミルサップのオプションを行使し、サンダーからNBA6シーズン目となるジェレミー・グラントを獲得したことでより安定感を増した。

    ミルサップは攻守で堅実なプレーを行うことに定評があり、2018-19シーズンの成績は平均12.6点、7.2リバウンドと衰えを感じさせない。ヨキッチの成長、フォロー、数字に残らな部分での働きを考えると、ミルサップはナゲッツ躍進の影の立役者といえる。また、グラントは昨年はサンダーで77試合に先発出場し、平均13.6点、5.2リバウンド、1.3ブロックとプチブレイクを果たし、FG成功率49.7%、3P成功率39.2%と効果的なオフェンスでも期待できる。数字に表れにくい部分だが、相手の速攻時に全速力で自ゴールまで駆け戻ったり、ボールにダイブするなどのハッスルプレーでチームを鼓舞することができるのも重要な点だ。機動力のあるPF2人とヨキッチの双方を守るのは至難の技だろう。これにマレー、ハリスのバックコート陣の得点力が組み合わさることがナゲッツの強みといって良い。

    SFについては得点能力の高いウィル・バートンが先発を務めるだろう。昨年よりは2017-18シーズンよりもスタッツは全体的に下降している。控えとしての起用が予想されるトーリー・クレッグは守備力が高く、状況に応じてバートンと使い分けられるということは戦術上のアドバンテージになる。昨年怪我で全休した2018年ドラフト14位のマイケル・ポーターJrがポテンシャルを開花させることができれば、SFのバランスはより良くなるだろう。また、ドラフト44位で指名したCのボル・ボルの潜在能力は折り紙付きだ。怪我の心配で44位まで指名が下がったものの、今年のルーキーサーベイ(ルーキーを対象に行われるアンケート)でも「もっとも拾い物のルーキー」1位に選出されるなど、その実力とポテンシャルは認められている。センターに関してはヨキッチと控えのプラムリーが健在であれば問題ないだろう。

    昨年躍進を果たしたナゲッツは、今季大きく期待されているチームの1つなのは間違いない。ヨキッチ、マレー、ミルサップ、ハリスといったコアメンバーを維持しつつ、攻守で期待できるグラントの獲得に成功したことでより基盤は強固になった。2018年ドラフトで指名したポーターJrや、2019年ドラフトの掘り出し物といわれるボルなど、ポテンシャルが高い若手も揃っている。

    ヨキッチとマレーの両軸に大きな怪我がなければ、ファイナル進出も現実的にありえる。ケビン・デュラントが「カンファレンス・ファイナルやNBAファイナルになるにつれて個人技が重要になる」と発言し物議を醸したが、これは事実を捉えている。優勝を視野に入れた場合、アンセルフィッシュなヨキッチと、セルフィッシュなマレーという2大エースがもう一皮むける必要があるかもしれない。

     にほんブログ村 その他スポーツブログ NBAへ

    目次
    閉じる