【2019-20:プレビュー】ニューオリンズ・ペリカンズ

    目次

    オフシーズンの動き

    加入・ロンゾ・ボール(LAL)
    ・ブランドン・イングラム(LAL)
    ・ジョシュ・ハート(LAL)
    ・JJ・レディック(PHI)
    ・デリック・フェイバーズ(UTA)
    ・ニコロ・メッリ(FA)
    ・ザイオン・ウィリアムソン(Draft1位)
    ・ジャクソン・ヘイズ(Draft8位)
    ・ニッケル・アレキサンダー・ウォーカー(Draft17位)
    ・ジャレン・アダムズ(Draft外)
    ・ジャボン・ベス(Draft外)
    ・カベル・ビグリー・ウィリアムズ(Draft外)
    ・ジーラン・チータム(Draft外)
    ・ジョシュ・グレイ(FA)
                     
    退団・アンソニー・デイビス
    ・ジュリアス・ランドル
    ・クリスチャン・ウッド
    ・ソロモン・ヒル
    ・スタンリー・ジョンソン
    ・イアン・クラーク
    ・シェック・ディアロ
    ・エルフリッド・ペイトン
    ・トレイヴォン・ブレウィット
                     

    予想ロスター

    PGSGSFPFC
    1stロンゾ・
    ボール
    ドリュー・
    ホリデー
    ブランドン・
    イングラム
    ザイオン・
    ウィリアムソン
    デリック・
    フェイバーズ
    2ndニッケル・
    アレキサンダー・
    ウォーカー
    ジョシュ・
    ハート
    ケンリッチ・
    ウィリアムズ
    ニコロ・
    メッリ
    ジャリル・
    オカフォー
    3rdフランク・
    ジャクソン
    JJ・
    レディック
    ダリアス・
    ミラー*
    ジャクソン・
    ヘイズ
    4thイートワン・
    モア
    5th                                   

    2019−20シーズンの展望

    2018-19シーズン中にアンソニー・デイビスのトレードを画策するも、最終的にシーズン中のトレードは破談となった。その結果、ペリカンズは彼の価値を下げないために、出場時間を制限するという手段に出た。その結果は散々で、ペリカンズに見切りをつけたデイビスに対してファンは大反発、ドリュー・ホリデーやジュリアス・ランドルの活躍もあったが、チームを好転させることはできなかった。

    2019-20オフにデイビスは予定通りペリカンズを去り、レイカーズに移籍した。ペリカンズはデイビスとの交換でペリカンズはロンゾ・ボール、ブランドン・イングラム、ジョシュ・ハートと「ヤング・コア」を手に入れた。さらに3つのドラフト指名権を獲得することに成功した。狙っていたカイル・クーズマを獲得することはできなかったものの、リーグ有数の将来性を手に入れたといえる。デイビスはゲームを支配できる選手でだが、一度壊れた信頼関係を続けるよりも将来性のある若手と指名権を多数獲得できたことは、ペリカンズにとってプラスとなったと考えられる。

    ペリカンズはドラフト1位を引き当て、デューク大のザイオン・ウィリアムソンを指名した。2019年ドラフトは「ザイオン・ドラフト」と言われるほどザイオン・ウィリアムソンに注目が集まったドラフトであり、ザイオンはパワー、スピード、テクニックの三拍子揃った逸材といわれている。ザイオンはレブロン・ジェームズ以来の大型ルーキーといわれており、怪我がなければ長くNBAを支配できる可能性を秘めている。

    ザイオンの能力は間違いなくNBAでもトップクラスだが、唯一の懸念点は129kgの体重だ。彼の身体能力を活かしたアスレチックな動きを加味すると、彼の体重は致命的な怪我を引き起こす可能性がある。実際に大学時代、サマーリーグ、プレシーズンを怪我で離脱しており、身体ケアはチームの最重要課題だ。

    ザイオンの控えには本来であれば堅実なプレーが持ち味のデリック・フェイバーズになるが、フェイバーズは当初センターで起用される見込みが高く、ニコロ・メッリが務めることになるだろう。メッリはストレッチ4としての活躍が期待できるが、NBAで通用するかは未知数な部分が多い。

    ザイオンとタッグを組むことになるのはSFのブランドン・イングラムだ。イングラムは2018-19シーズンは平均18.3に終わったが、胸部出口症候群の手術で離脱する直線の6試合は平均27.8点を記録するなど、その得点力は折り紙付きだ。インサイドでもアウトサイドでも得点することができるが、ザイオンのプレースタイルを考えるとアウトサイドでのプレーの質を向上させたいところだ。

    Cには、本来PFのフェイバーズが少なくともシーズン序盤は起用されるだろう。フェイバーズはブルーワークを厭わない、縁の下の力持ちタイプのプレーヤーであり、ザイオンやイングラムをサポートする人材としては最適だ。今ドラフト8位で指名したヘイズと、2015年にドラフト3位でNBA入りしたオカフォーがバックアップセンターを務めることになる。ヘイズはシュート力と機動力に長けており、222cmと言うウイングスパンはディフェンス面で非常に有利だ。高校からバスケットボールを始めたということもあり荒削りではあるが、逆にいうと潜在能力の塊だ。オカフォーは長年心身とも問題を抱えておりシクサーズでは構想外に入っていたが、昨年はペリカンズで上々の活躍をしたこともあり、今季もある程度の期待ができる。オカフォーが能力を開花させることができれば、ペリカンズはリーグ屈指のフロントコートを持つことになる。ヘイズとオカフォーが計算できればフェイバーズをPFで起用することができ、ザイオンの負担を大きく減らすことができる。

    PGにはロンゾ・ボールが起用される。オフコートで父親が話題になりがちだが、ロンゾ自身のコートビジョンとパスセンス、ディフェンスの評価が高い。ロンゾのパスワークを活かすことができれば、ザイオンやイングラムとエキサイティングなオフェンスを展開できるだろう。シュートの改善は必要だが、ロンゾがペリカンズの成功のキーポイントだ。控えにはルーキーのニッケル・アレキサンダー・ウォーカーと、昨年終盤に平均17.7点を挙げたフランク・ジャクソンがおり、期待が持てる面々が揃っている。

    SGのドリュー・ホリデーは2年連続でオールディフェンシブチームに選出されており、ペリメーターディフェンスではリーグ屈指の実力を持つ。さらに昨年は平均21.2点を挙げており、攻守でチームに安定感をもたらすことができる。控えのジョシュ・ハートは3Pシュートが上手く、ディフェンス面でも期待できるため、トランジション主体のスモールラインナップではホリデーとハートの同時起用もあり得る。また、14年目の大ベテランであるJJ・レディックを獲得したことで、バックコートはさらに厚くなった。

    アンソニー・デイビスという大黒柱は失ったが、ザイオン、ロンゾ、イングラムという将来にわたってチームの核となり得る人材を一気に手に入れたことに成功した。レイカーズから手に入れた3つの指名権の存在も大きい。

    ザイオン、ロンゾ、イングラムと核となることを期待される選手たちは怪我がちということが懸念であり、チームの医療担当者の役割は重要だ。彼らが1年を健康に過ごすことができるかが、まずは試金石になる。また、ケミストリーの問題もある。スターチームにありがちな選手のエゴのブツかりは、ドラフト上位指名選手が多いペリカンズにおいても同様だ。

    ペリカンズはザイオンのチームであることは間違いない。イングラムやボールが2ndオプション、3rdオプションという立場を受け入れることができなければ、トレード要員になることも考えられる。
    将来性は抜群だが、今季はプレーオフ進出を現実的な目標に設定することになる。そのためにはザイオンの怪我だけは何としても避けたいところだ。

     にほんブログ村 その他スポーツブログ NBAへ

    目次
    閉じる