【2019-20:プレビュー】ポートランド・トレイルブレイザーズ

    目次

    オフシーズンの動き

    加入・ハッサン・ホワイトサイド(MIA)
    ・パウ・ガソル(MIL)
    ・ケント・ベイズモア(ATL)
    ・マリオ・ヘゾニャ(NYK)
    ・アンソニー・トリバー(MIN)
    ・トロイ・コペイン(ORL)
    ・ロンドン・ペランテス(FA)
    ・ナシール・リトル(Draft25位)
    ・ケルジン・ブレビンス(Draft外)
    ・ジェイレン・ホワード(Draft外)
    ・モーゼス・ブラウン(Draft外)
                     
    退団・セス・カリー
    ・エバン・ターナー
    ・エネス・カンター
    ・アル・ファルーク・アミヌ
    ・モーリス・ハークレス
    ・ジェイク・レイマン
    ・マイヤーズ・レナード
                     

    予想ロスター

    PGSGSFPFC
    1stデイミアン・
    リラード
    CJ・
    マッカラム
    ロドニー・
    フッド
    ザック・
    コリンズ
    ハッサン・
    ホワイトサイド
    2ndアンファニー・
    サイモンズ
    ケント・
    ベイズモア
    マリオ・
    ヘゾニャ
    アンソニー・
    トリバー
    パウ・
    ガソル
    3rdトロイ・
    コペイン
    ゲイリー・
    トレントJr
    ナシール・
    リトル
    スカル・
    ラビシエ
    ユスフ・
    ヌルキッチ*
    4th
    5th                                   

    2019−20シーズンの展望

    デイミアン・リラードとCJ・マッカラムの2大エース体制で初めてのウェスタンカンファレンス決勝に駒を進めた2018-19シーズン。ウォリアーズ相手にあと一歩のところまで迫り、常に過小評価されてきたリラードは名実ともにスーパースターとしての能力を示すことができた。

    リラードとマッカラムのバックコードデュオの存在感はリーズ随一といって間違いないが、ユスフ・ヌルキッチの離脱によって2大エースの負荷が大きくなったことも事実だ。特に機動力があり、ゲームメイクの素質があるヌルキッチの離脱はボールを動かすことを信条とするブレイザーズのオフェンスシステムに重要な意味を持つ。ディフェンス面においてもヌルキッチの機動力は重要であり、ヌルキッチが離脱していなければファイナル進出も現実的だっただろう。

    ブレイザーズはオフシーズンに、リラードと4年1億9,600万ドルのスーパーMAX契約を結んだ。また、マッカラムとも3年1億ドルの延長契約を結び、あと数年は現状の方針を維持することを選択した。30歳手前の2大エースに巨額の契約を与えるのはリスクもあるが、3年以内の優勝を見据えれば妥当だ。

    また、出遅れが予想されるヌルキッチの代役としてマイアミ・ヒートからハッサン・ホワイトサイド、ミルウォーキー・バックスから優勝経験があるパウ・ガソルを獲得した。

    ホワイトサイドはフィジカルさを武器にインサイドを制圧できるビッグマンで、特にキャリア平均11.4リバウンド、平均2.33ブロックを記録しているディフェンス面での活躍が期待される。しかし、懸念点もある。デリー・ストッツHCのシステムは、常にボールを動かしてノーマークを作ることを重視している。これはディフェンス面にもいえることで、機動力に不安があるホワイトサイドがシステムにマッチするかは未知数だ。

    オフェンス面ではインサイドのホワイトサイドにボールを入れて、キックオフからの3Pシュートという図式を想定していると思われるが、それを実現できる視野の広さがホワイトサイドにあるかも懐疑的だ。ヒートではスポールストラHCと口論するなど問題児として扱われていたことからも、ヌルキッチが復帰するまでに、攻守でホワイトサイドを上手く使いこなせるかが2019-20シーズンのポイントになりそうだ。

    キャリア3年目のザック・コリンズが存在感を見せることができれば、後半にヌルキッチが復帰したあとも重宝されるだろう。PFにはベテランのアンソニー・トリバーを獲得したが主力としては見落とりするため、コリンズを先発PFとして起用し、控えから3Pシュートも期待できるトリバーを起用していくというプランがバランス的にも良さそうだ。
    また、2018-19プレーオフで活躍したロドニー・フッドと延長契約し、2ndユニットの3Pシュートを補うことができるケント・ベイズモアを獲得したことは良い補強だ。リラードとマッカラムを休ませている時間帯に安定感を持つことができるだろう。

    リラードとマッカラムを中心にファイナル進出にあと一歩に迫ったブレイザーズは、現在の方針に自信を持っていると思われる。リラードとマッカラムは全盛期を迎えており、この2人が全盛期のうちに優勝を狙いたいとことだ。ブレイザイーズは、それを見据えて的確な補強を実現したといえる。

    ヌルキッチが復帰するまではホワイトサイドが主力の一翼を担うが、彼がチームにマッチするかはわからない。ホワイトサイドがチームにマッチしない場合、シーズン中に大きなテコ入れがあるかもしれないが、リラードとマッカラムが健在であればプレーオフ進出は手堅いだろう。

     にほんブログ村 その他スポーツブログ NBAへ

    目次
    閉じる