【コラム】2020-21シーズンの注目FA選手

    (2021年3月15日時点)
    COVID-19の影響で異例ずくめの2020-21シーズンも前半戦が終了し、トレードデッドラインが近づいている。アンドレ・ドラモンドやブレイク・グリフィンなどの大物選手の移籍が注目を集めているが、まだ契約できていないFA選手も少なくない。
    シーズンが佳境を迎えるなか、経験豊富なベテランや若手プレーヤーに白羽の矢が立つこともある。

    今回は注目FAを各ポジション5名ずつの計25名を紹介する。

    目次

    ポイントガード注目FA選手

    Isaiah Thomas(アイザイア・トーマス)

    スクロールできます
    PPTTRBASTFG%3P%
    2019-20(WAS)12.21.73.740.8%41.3%

    数年前にMVP候補にもなった得点力の高いPG。FIBA予選で好調ぶりをアピールしており、控えPGとしてセカンドユニットのオフェンス底上げが期待できる。ただし、ディフェンス面では穴になるので、獲得はディフェンスをカバーできるチームに限られる。

    Shabazz Napier(シャバズ・ネイピアー)

    スクロールできます
    PPTTRBASTFG%3P%
    2019-20(WAS)10.32.95.041.2%32.0%

    大学時代に2度のNCAA制覇の実績がある攻撃型PG。NBAではプレーが安定せず定着できていないが、ベンチのオフェンス力に課題があるチームから声がかかる可能性がありそうだ。

    Emmanuel Mudiay(エマニュエル・ムディエイ)

    スクロールできます
    PPTTRBASTFG%3P%
    2019-20(UTA)7.32.32.146.2%34.5%

    オフェンス型のPGとして2番手3番手のPGとしてセカンドユニットでの活躍が期待されるが、シュートセレクションの悪さとゲームメイクに課題がある。

    Jeremy Lin(ジェレミー・リン)

    スクロールできます
    PPTTRBASTFG%3P%
    2018-19(TOR)7.02.62.237.4%20.0%

    GリーグからNBA復帰を目指す台湾系アメリカ人。Gリーグでは平均20点、3P成功率も45%を超えている。現在はウォリアーズの提携チームに在籍しているため、控え選手としてコールアップされる可能性はある。

    Gary Payton Ⅱ(ゲイリー・ペイトン二世)

    スクロールできます
     PPTTRBASTFG%3P%
    2019-20(WAS)3.92.81.741.4%28.3%

    非常にディフェンシブなプレーヤーで、エースストッパーとしての起用が見込める。ただし、3P成功率が20%以で、アシスト能力もPGとしては平均以下であるため起用は限定的になりそうだ。

    シューティングガード注目FA選手

    Kyle Korver(カイル・コーバー)

    スクロールできます
    PPTTRBASTFG%3P%
    2019-20(MIL)6.72.11.242.9%41.5%

    歴代4位の3Pシュート成功数を誇る職人プレーヤーで、今年40歳になる大ベテラン。昨年にはキャリア最高の3P成功率を叩き出し、優勝候補からラストピーストして声がかかる可能性がありそうだ。

    Jamal Crawford(ジャマール・クロフォード)

    スクロールできます
    PPTTRBASTFG%3P%
    2019-20(BKY)5.00.03.050.0%50.0%

    2019−20シーズンは1試合のみの出場で負傷退場になった41歳になる大ベテラン。ピンポイントでも必殺のキレのあるクロスオーバーが健在であれば、NBA復帰の可能性はある。

    Gerald Green(ジェラルド・グリーン)

    PPTTRBASTFG%3P%
    2018-19(HOU)9.22.50.540.0%35.4%

    かつては抜群の身体能力を武器としていたが、年齢を重ねるにつれて身体能力が衰え、アウトサイドシュート主体のプレースタイルに変化。NBAで1年半以上プレーしていないこともあり、オファーがあるかは微妙なところだろう。

    JR Smith(JR・スミス)

    スクロールできます
    PPTTRBASTFG%3P%
    2019-20(LAL)2.80.80.531.8%0.91%

    生粋のスコアラーとして強豪チームのXファクターとして欠かせない選手だったが、近年は身体能力とシュート力の低下が課題となっている。素行面でも問題があるイメージが強く、年齢的にも今季が最後のチャンスかもしれない。

    Courtney Lee(コートニー・リー)

    スクロールできます
     PPTTRBASTFG%3P%
    2019-20(DAL)4.51.30.548.8%44.7%

    プレー面での役割は限定的だが、精神的支柱としてロッカールームでの役割が期待されるベテラン。声が掛かるとすれば強豪チームではなく、若手主体でプレーオフを目指すチームか。

    スモールフォワード注目FA選手

    Glenn Robinson Ⅲ(グレン・ロビンソン三世)

    スクロールできます
    PPTTRBASTFG%3P%
    2020-21(SAC)5.32.00.945.7%37.3%

    3Pシュートとディフェンスで貢献できる3&Dのスイングマン。なかなか所属チームが安定しないが、控えメンバーとしては活躍が期待できるため、怪我人の代役でコールされる可能性は高い。

    DeMarre Carroll(デマーレ・キャロル)

    スクロールできます
    PPTTRBASTFG%3P%
    2019-20(HOU)3.62.31.037.9%24.2%

    複数のポジションを守ることができるベテラン3&D。2019-20シーズンは3Pシュートが不調に終わったが、スモールボールを主体とするチームや、控えディフェンスに不安があるチームが触手を伸ばす可能性はある。

    Lance Stephenson(ランス・スティーブンソン)

    スクロールできます
    PPTTRBASTFG%3P%
    2019-20(LAL)7.23.22.142.6%37.1%

    奇抜な行動が注目されがちだが、得点・リバウンド・アシスト・スティールの全てをバランスよくこなすことができるプレーヤー。しかし、3P成功率は高くなく、長年NBAレベルでプレーできていないことが不安要素だ。

    Allen Crabbe(アレン・クラブ)

    スクロールできます
    PPTTRBASTFG%3P%
    2019-20(MIN)4.62.10.635.6%30.3%

    28歳と年齢的には全盛期に差し掛かっており、3Pシューターとして優秀な成績を残すことができるスポットアップシューター。アウトサイドシューターを必要とするチームが獲得する可能性はある。

    Wilson Chandler(ウィルソン・チャンドラー)

    スクロールできます
    PPTTRBASTFG%3P%
    2020-21(BKY)5.94.11.140.4%30.6%

    ドーピング違反で出場停止以降は調子を取り戻せていないが、あらゆるプレーをこなすことができるオールラウンダー。年齢的にも主力級では難しいがスポットプレーヤーとしては期待できる。

    パワーフォワード注目FA選手

    Rondae Hollis-Jefferson(ロンディ・ホリス・ジェファーソン)

    スクロールできます
    PPTTRBASTFG%3P%
    2019-20(MIN)7.24.91.747.1%21.3%

    3Pシュートの信頼性は皆無だが、ディフェンス面ではガードからフォワードまで4つのポジションをカバーすることができるフィジカルと機動力を合わせ持っている。プレーオフに向けて控え選手としてピックされる可能性はある。

    Anthony Tolliver(アンソニー・トリバー)

    スクロールできます
    PPTTRBASTFG%3P%
    2019-20(MEM)3.62.80.935.7%33.8%

    36歳になるベテラン。毎年のように所属チームが代わるジャーニーマンだが、平均以上のディフェンダーで3Pシュートも打つことができる。

    Michael Kidd-Gilchrist(マイケル・キッド・ギルクリスト)

    スクロールできます
    PPTTRBASTFG%3P%
    2019-20(NYK)2.42.70.633.3%25.0%

    得点力はほぼ皆無で、特に3Pシュートは壊滅的。守備面では一定の成果を期待できるが安定性はないため、シーズン途中での契約は難しいか。

    Alize Johnson(アリゼ・ジョンソン)

    スクロールできます
    PPTTRBASTFG%3P%
    2020-21(IND)2.02.80.441.4%37.5%

    豊富な運動量で特にディフェンス面に強みを持つ若手パワーフォワード。Gリーグレベル以上NBAレベル未満といった評価だが、リバウンドはNBAでも十分に通用する。

    Lance Thomas(ランス・トーマス)

    スクロールできます
    PPTTRBASTFG%3P%
    2019-20(BKN)3.41.90.934.8%30.8%

    全盛期には3P成功率40%を超えていたベテラン。ディフェンス面には大きな不安があり、起用は限定的になるため強豪からのピックは期待薄か。

    センター注目FA選手

    DeMarcus Cousins(デマーカス・カズンズ)

    スクロールできます
    PPTTRBASTFG%3P%
    2020-21(HOU)9.67.62.437.6%33.6%

    今季FAの最大の目玉。全盛期の支配力はないが、あらゆる面で及第点以上の貢献ができるオールラウンドなビッグマン。アンドレ・ドラモンドやPJ・タッカーのトレード状況次第では、レイカーズなどから声がかかる可能性が高い。

    Ian Mahinmi (イアン・マヒンミ)

    スクロールできます
    PPTTRBASTFG%3P%
    2019-20(WAS)7.45.71.349.5%16.0%

    ウィザーズ時代は大型契約がゆえに不良債権と呼ばれたが、サイズがあり、ディフェンシブなバックアップセンターとして期待できる。プレーオフ経験も豊富にあり、需要はまだありそうだ。

    Dewayne Dedmon(ドウェイン・デッドモン)

    スクロールできます
    PPTTRBASTFG%3P%
    2019-20(ATL)8.18.20.739.3%22.2%

    3Pシュートも打てるビッグマン。リバウンドとブロックショットでも貢献することができるため、バックアップセンターとしての需要はありそうだ。

    Amir Johnson(アミア・ジョンソン)

    スクロールできます
    PPTTRBASTFG%3P%
    2019-20(PHI)6.52.91.250.3%30.0%

    34歳になるベテランビッグマン。身体的な衰えもあって継続的な貢献は難しいが、献身的なプレーとロッカールームでのまとめ役として若手中心のチームから需要がありそうだ。

    Thon Maker(ソーン・メイカー)

    スクロールできます
    PPTTRBASTFG%3P%
    2020-21(CLE)3.82.30.555.6%0.00%

    シュート力と機動力のあるビッグマン。平均以上のブロック能力を持っているが線が細く、安定した活躍は見せられていない。3番手の起用であれば需要はある。

     にほんブログ村 その他スポーツブログ NBAへ

    目次
    閉じる