【NBAチーム名鑑】Atlanta Hawks(アトランタ・ホークス)

ジョージア州アトランタを本拠地とする、NBAでも歴史があるチームの1つであるアトランタ・ホークスについてご紹介します。

目次

What’s Atlanta Hawks(基本情報)

本拠地ジョージア州アトランタ
カンファレンスイースタン・カンファレンス
ディビジョンサウスイースト・ディビジョン
略称ATL
アリーナステイトファーム・アリーナ
Gリーグ提携チームカレッジパーク・スカイホークス

Team History(歴史)

創設1946年
チーム史
トライシティーズ・ブラックホークス(1946年 – 1951年)
ミルウォーキー・ホークス(1951年 – 1955年)
セントルイス・ホークス(1955年 – 1968年)
アトランタ・ホークス(1968年 -)
優勝1回(1958年)
永久欠番[ 9]:ボブ・ペティット
[21]:ドミニク・ウィルキンズ
[23]:ルー・ハドソン
[44]:ピート・マラビッチ
[55]:ディケンベ・ムトンボ
[59]:カシム・リード

現在のNBAで最も歴史のあるチームの1つで、チーム名は当初の本拠地であるイリノイ州に居住していたインディアン「ブラックホーク酋長」にちなんで名付けられた。

アトランタは地方都市に分類され、大物FAからはそこまで人気のフランチャイズではない。そのため、チーム作りはドラフトが中心で、歴史的にみてもピート・マラビッチやボブ・ペティットといった伝説的な選手をドラフト指名している。また、近年でもルカ・ドンチッチを指名(その後にトレイ・ヤングと交換)するなど、伝統的にドラフト指名が上手いフランチャイズだといえる。

“NBAイズムが選ぶ!” G.A.O.T. (チーム史上最高の選手)

Dominique Wilkins(ドミニク・ウィルキンズ)

アトランタ・ホークスでもっともインパクトを残した選手といえば、ドミニク・ウィルキンス以外には考えられない。ブルズ黄金期とキャリアが重なっているため優勝経験はないが、通算得点・出場時間・FG%などでチーム記録を持っており、オールスターにも9回選出されている。超人的な身体能力を活かした豪快なダンクは“ヒューマン・ハイライト・フィルム“と呼ばれ、当時のNBAを象徴する選手だったことは間違いない。

“NBAイズムが選ぶ!” アトランタ・ホークス 歴代トップ5

【G】
Lenny Wilkens
レニー・ウィルケンズ
【G】
Joe Johnson
ジョー・ジョンソン
【F】
Dominique Wilkins
ドミニク・ウィルキンス
【F】
Bob Pettit
ボブ・ペティット
【C】
Dikembe Mutombo
ディケンベ・ムトンボ

Atlanta Hawks Team Information(チーム情報)

チームスタッフ

Head Coach

Quin Snyder
(クイン・スナイダー)

GM

Landry Fields
(ランドリー・フィールズ)

President

Steve Koonin
(スティーブ・クーニン)

Main Owner

Tony Ressler
(トニー・レスラー)
Roster 情報
あわせて読みたい
【2023-24:チームプレビュー】Atlanta Hawks(アトランタ・ホークス) 【2022-23シーズンの振り返り】 勝率41-41(.500)Play Off1回戦敗退(2-4:vs BOS)オフェンス116.6(7位/30チーム)ディフェンス116.3(9位/30チーム)PACE100.7(9位...
目次