【NBAチーム名鑑】Charlotte Hornets(シャーロット・ホーネッツ)

ノースカロライナ州シャーロットを本拠地とする、複雑なチーム史をもつシャーロット・ホーネッツについてご紹介します。

目次

What’s Charlotte Hornets(基本情報)

本拠地ノースカロライナ州シャーロット
カンファレンスイースタン・カンファレンス
ディビジョンサウスイースト・ディビジョン
略称CHA
アリーナスペクトラム・センター
Gリーグ提携チームグリーンズボロ・スウォーム

Team History(歴史)

創設1988年
チーム史シャーロット・ホーネッツ(1988年 – 2002年)
シャーロット・ボブキャッツ(2002年 – 2014年)
シャーロット・ホーネッツ(2014年 -)
優勝0回
永久欠番[13]:ボビー・フィルス

現在のシャーロット・ホーネッツは、2002年に新設されたシャーロット・ボブキャッツが前身で、1988年から2013年まで存在していた「ホーネッツ(現ペリカンズ)」とは別チーム。チーム名は独立戦争時のシャーロットの呼び名に由来しており、これは旧ホーネッツを踏襲している。改称時に旧ホーネッツの歴史や成績は現ホーネッツに引き継がれており、現在はマイケル・ジョーダンが筆頭オーナーとなっている。

旧ホーネッツ時代は中堅チームというイメージだったが、ボブキャッツ時代以降は最高でプレーオフ1回戦敗退と厳しいチーム状況にある。

“NBAイズムが選ぶ!” G.A.O.T. (チーム史上最高の選手)

Kemba Walker(ケンバ・ウォーカー)

複雑な歴史を持つフランチャイズであるホーネッツにおいて、在籍していた8シーズンでオールスターに3度選出されたリーグ屈指のPG。チーム最多の1万2,009得点を記録しており、スピードとハンドリング技術に優れているためドライブでディフェンスを攪乱するプレーを得意としている。なかなか勝てずに過小評価されている時代が長かったが、コートビジョンが広く、アシストやヘルプディフェンスでも高い評価を受けている。

“NBAイズムが選ぶ!” シャーロット・ホーネッツ 歴代トップ5

【G】
Kemba Walker
ケンバ・ウォーカー
【G】
Baron Davis
バロン・デイビス
【F】
Jamal Mashburn
ジャマール・マッシュバーン
【F】
Larry Johnson
ラリー・ジョンソン
【C】
Alonzo Mourning
アロンゾ・モーニング

Charlotte Hornets Team Information(チーム情報)

チームスタッフ

Head Coach

Charles Lee
(チャールズ・リー)

GM

Jeff Peterson
(ジェフ・ピーターソン)

President

James R. Jordan
(ジェームズ・R・ジョーダン)

Main Owner

Gabe Plotkin & Rick Schnall
(ゲイブ・プロトキン&リック・シュナル)
Roster 情報
あわせて読みたい
【2023-24:チームプレビュー】Charlotte Hornets(シャーロット・ホーネッツ) 【2022-23シーズンの振り返り】 勝率27-55(.329)Play Off未出場オフェンス109.2(30位/30チーム)ディフェンス115.3(20位/30チーム)PACE100.8(8位/30チーム) 2021...
目次