【NBAチーム名鑑】Golden State Warriors(ゴールデンステート・ウォリアーズ)

カリフォルニア州サンフランシスコを本拠地とする、BAA時代から存在する歴史あるゴールデンステイト・ウォリアーズについてご紹介します。

目次

What’s Golden State Warriors(基本情報)

本拠地カリフォルニア州サンフランシスコ
カンファレンスウェスタン・カンファレンス
ディビジョンパシフィック・ディビジョン
略称GSW
アリーナチェイス・センター
Gリーグ提携チームサンタクルーズ・ウォリアーズ

Team History(歴史)

創設1946年
チーム史フィラデルフィア・ウォリアーズ(1946年 – 1962年)
サンフランシスコ・ウォリアーズ(1962年 – 1971年)
ゴールデンステート・ウォリアーズ(1971年 -)
優勝1回(1947年:BAA)
6回(1956年, 1975年, 2015年, 2017年, 2018年, 2022年:NBA)
永久欠番[13]:ウィルト・チェンバレン
[14]:トム・メシェリー
[16]:アル・アットルス
[17]:クリス・マリン
[24]:リック・バリー
[42]:ネイト・サーモンド

チーム名はカリフォルニア州の愛称である“ゴールデンステイト”と、独立戦争時の戦士をイメージした”ウォリアー”からきている。NBAで最も資産価値があるチームの1つで、2010年代には5年連続ファイナル進出、3度の優勝、NBA最高成績である73勝11敗という記録を打ち立てている。また、プレーオフ15連勝という米4大スポーツ史上最長記録も達成している。

ウォリアーズはNBAの前身となるBAA発足時に誕生しており、BAA発足初年度から残っている3チームのうちの1つである。

“NBAイズムが選ぶ!” G.A.O.T. (チーム史上最高の選手)

Wilt Chamberlain(ウィルト・チェンバレン)

「NBA史上最も支配的な選手」という論争で挙げられることも多いチェンバレンは、ルーキーシーズンに平均37.6点、27.0リバウンドを記録しており、新人王とシーズンMVPを受賞。現代でも語り草となっている100点試合など、60年代においてまさに神話の世界を体現した選手。216cm/125kgという恵まれた体形だけでなく、スピード・技術・身体能力のすべて兼ね備えており、現代においても支配的な選手なのは間違いない。

“NBAイズムが選ぶ!” ゴールデンステート・ウォリアーズ 歴代トップ5

【G】
Stephen Curry
ステフィン・カリー
【G】
Klay Thompson
クレイ・トンプソン
【F】
Rick Barry
リック・バリー
【F】
Nate Thurmond
ネイト・サーモンド
【C】
Wilt Chamberlain
ウィルト・チェンバレン

Golden State Warriors Team Information(チーム情報)

チームスタッフ

Head Coach

Steve Kerr
(スティーブ・カー)

GM

Bob Myers
(マイク・ダンリービーJr.)

President

Brandon Schneider
(ブランドン・シュナイダー)

Main Owner

Joe Lacob
(ジョー・レイコブ)
Roster 情報
あわせて読みたい
【2023-24:チームプレビュー】Golden State Warriors(ゴールデンステート・ウォリアーズ) 【2022-23シーズンの振り返り】 勝率44-38(.536)Play Offカンファレンス準決勝敗退(2-4:vs LAL)オフェンス116.1(10位/30チーム)ディフェンス114.4(17位/30チー...
目次