【NBAチーム名鑑】Indiana Pacers(インディアナ・ペイサーズ)

インディアナ州インディアナポリスに本拠地を置く、ABAから続くインディアナ・ペイサーズについてご紹介します。

目次

What’s Indiana Pacers(基本情報)

本拠地インディアナ州インディアナポリス
カンファレンスイースタン・カンファレンス
ディビジョンセントラル・ディビジョン
略称IND
アリーナゲインブリッジ・フィールドハウス
Gリーグ提携チームフォートウェイン・マッドアンツ

Team History(歴史)

創設1967年
チーム史インディアナ・ペイサーズ(1967年-)
優勝3回(1970年, 1972年, 1973年:ABA)
永久欠番[30]:ジョージ・マクギニス
[31]:レジー・ミラー
[34]:メル・ダニエルズ
[35]:ロジャー・ブラウン
[529]:スリック・レナード

バスケットボール人気が高いインディアナポリスを拠点とし、創設からチーム名が変わっていないチームの1つ。チーム名はインディアナ州で盛んな競馬と、自動車レース「インディ500」に因んでいる。

ABA時代はリーグの強豪だったが、NBA加入後は成績が低迷。1980年代後半にレジー・ミラーをドラフトし、プレーオフの常連チームとなった。米国中部の地方都市という立地からFA選手からの人気は高くないが、育成とスカウティングには定評がある。 2004年の「パレスの騒乱」と呼ばれるピストンズとの乱闘劇は、米プロスポーツ史上最悪の乱闘劇といわれている。

“NBAイズムが選ぶ!” G.A.O.T. (チーム史上最高の選手)

Reggie Miller(レジー・ミラー)

ペイサーズにはオールスターに選ばれた選手は多数いるが、チームを象徴している選手といえばレジー・ミラーの他にいない。ドラフトから18シーズンに渡ってペイサーズに在籍し、1度も移籍することなく引退した正真正銘のフランチャイズ・プレーヤー。オールNBAチームには3rdチームに1度しか選ばれていないが、土壇場に異常に強く、“ミラータイム”と呼ばれる大逆転劇を何度も演じている。記憶と記録に残す名選手だ。

“NBAイズムが選ぶ!” インディアナ・ペイサーズ 歴代トップ5

【G】
Mark Jackson
マーク・ジャクソン
【G】
Reggie Miller
レジー・ミラー
【F】
Paul George
ポール・ジョージ
【F】
George McGinnis
ジョージ・マクギニス
【C】
Mel Daniels
メル・ダニエルズ

Indiana Pacers Team Information(チーム情報)

チームスタッフ

Head Coach

Rick Carlisle
(リック・カーライル)

GM

Chad Buchanan
(チャド・ブキャナン)

President

Kevin Pritchard
(ケビン・プリチャード)

Main Owner

Herbert Simon
(ハーバート・サイモン)
Roster 情報
あわせて読みたい
【2023-24:チームプレビュー】Indiana Pacers(インディアナ・ペイサーズ) 【2022-23シーズンの振り返り】 勝率35-47(.426)Play Off未出場オフェンス114.6(19位/30チーム)ディフェンス117.7(26位/30チーム)PACE101.1(4位/30チーム) 2021...
目次