【NBA選手名鑑】Gary Payton(ゲイリー・ペイトン)

  • URLをコピーしました!

マイケル・ジョーダンを苦しめたライバルの1人であり、歴代屈指のトラッシュメーカー兼PGのゲイリー・ペイトンについて紹介します。(更新日:2022/10/20)

目次

Profile(プロフィール)

氏名Gary Payton
(ゲイリー・ペイトン)
生年月日1968年7月23日
出身地アメリカ合衆国
カリフォルニア州オークランド
身長 / 体重 191cm/82kg
出身校オレゴン州立大学
ポジションPG
ドラフト1990年ドラフト2位
引退2007年
所属チーム1990 – 2003:SEA(スーパーソニックス)
2003    :MIL(バックス)
2003 – 2004:LAL(レイカーズ)
2004 – 2005:BOS(セルティクス)
2005 – 2007:MIA(ヒート)
主な受賞歴リーグ優勝(1回)
最優秀守備選手(1回)
スティール王(1回)
All NBA 1st Team(2回)
All NBA 2nd Team(5回)
All NBA 3rd Team(2回)
All Defensive 1st Team(9回)
All Rookie 2nd Team(1回)

Play Style & Stats(プレースタイル / スタッツ)

Play Style(プレースタイル)

Embed from Getty Images

PER18.9
USG%22.5%
WS/48.148
BPM3.3
TS%52.8%

PER :実力指数。リーグ平均は15。
USG%:その選手で終わったオフェンス割合。
WS/48:48分換算での勝率。高いほど優れている。
BPM :選手の貢献度を表す指標。平均は0。
TS% :全シュートを考慮したシュート確率。

管理人
強烈なキャラクター性をもっているけど、プレー自体は実は堅実。ヒート初優勝時に勝負を決めた逆転シュートは、個人的には歴代TOP5に入るプレー!

ポジションに優れた、歴代屈指のディフェンシブガード

ゲイリー・ペイトンを語る上で欠かせないのがディフェンスだ。”ザ・グローブ”と呼ばれ、「なぜ抜けないのか分からない」と言われるほどポジショニングに優れていた。体格に恵まれているわけではないが、相手の動きを読むことに長け、腕で相手を包み込むようにディフェンスする。2021年までに最優秀守備選手を獲得した唯一のPGで、オールディフェンシブチームに9年連続で選出されている歴代屈指のディフェンダーの1人だ。

初優勝を手繰り寄せた老獪なオフェンス

ジャンプシュートはそこまで得意ではないが、オフェンスバリエーションは多く、7シーズンに渡って平均20点以上を記録している。代名詞のスクープショットを駆使して相手ビッグマンを翻弄し、フィジカルが強いためミスマッチを突いてポストアップすることもできる。ゲームの流れを読む力に長けており、2005-06シーズンのNBAファイナルで決めた残り9.3秒で逆転シュートに代表されるように勝負所での得点力は非常に高い。

トラッシュトークも含めたゲームコントロール

自身の得点力も高いためアシスト数は同時代のスターPGと比べると多くはないが、視野が広く、華麗ながら堅実なパスワークを得意とする。特にソニックス時代にコンビを組んでいたショーン・ケンプへのロブパスは、ケンプの身体能力を活かしたダンクのインパクトもあり、多くのハイライトを生み出した。また、ゲーム自体をコントロールする術にも優れており、相手のペースを崩す当代随一のトラッシュトーカーとしても有名だ。

スマホでの動画閲覧はコチラから ⇒
https://youtu.be/YfS8lEzIVSo

              レギュラーシーズン プレーオフ 
出場試合数(G)1,335154
出場時間(MIN)35.335.6
得点(PTS)16.314.0
FG成功率(FG%).466.441
3P成功率(3P%).317.315
FT成功率(FT%).729.706
リバウンド(REB)3.93.7
アシスト(AST)6.75.3
スティール(STL)1.81.4
ブロック(BLK)0.20.2

関連選手

  • URLをコピーしました!
目次