【NBA選手名鑑】Gary Trent Jr.(ゲイリー・トレントJr.)

  • URLをコピーしました!

ブレイザーズで第3の得点源に成長し、将来のエースとしての役割が期待されるゲイリー・トレントJr.について紹介します。(更新日:2022/10/22)

目次

Profile(プロフィール)

氏名Gary Trent Jr.
(ゲイリー・トレントJr.)
生年月日1999年1月18日
出身地アメリカ合衆国
オハイオ州コロンバス
身長 / 体重 196cm/95kg
出身校デューク大学
ポジションSG/SF
ドラフト2018年ドラフト37位
引退
所属チーム2018 – 2021:POR(ブレイザーズ)
2021 -   :TOR(ラプターズ)
主な受賞歴

Play Style & Stats(プレースタイル / スタッツ)

Play Style(プレースタイル)

Embed from Getty Images

PER13.2
USG%20.0%
WS/48.080
BPM-0.9
TS%54.6%

PER :実力指数。リーグ平均は15。
USG%:その選手で終わったオフェンス割合。
WS/48:48分換算での勝率。高いほど優れている。
BPM :選手の貢献度を表す指標。平均は0。
TS% :全シュートを考慮したシュート確率。

管理人
ブレイザーズで頭角と現したスコアラー!意外とサイズがあり、地味ながら数字に残らない好ディフェンダー。

爆発力のある高確率シューター

30点超えの試合を複数回行っており、大学時代から評価されていたスコアリングの爆発力はNBAでも通用することを証明している。当たり出したら止まらないタイプのスコアラーで、1試合6本程度の3Pシュートを打っている。ハンドリングは並みだがステップが巧みで、プルアップでのシュートを得意としている。

相手のミスを誘発する隠れたディフェンダー

スコアリングに特化している部分があるため、アシストやディフェンスにはあまり着目されていない。チームディフェンスに付いていけていない場面もあるが、ディフレクション(ディフェンスでボールタッチする)はリーグ上位の数字を残しており、隠れた好ディフェンダーであるといえる。

バックアップスコアラーからチームの主力へ

ブレイザーズでの躍進を支えた要因の1つに、リーグ屈指のスコアリングガードであるデイミアン・リラードとCJ・マッカラムを常に動かすことでノーマークを作り出すテリー・ストッツHCのオフェンスシステムがあった。ラプターズではパスカル・シアカムに次ぐ2ndオプションとしての活躍が期待されている。

スマホでの動画閲覧はコチラから ⇒
https://www.youtube.com/watch?v=anrrQwGbXwA

              レギュラーシーズン プレーオフ 
出場試合数(G)20611
出場時間(MIN)28.032.0
得点(PTS)13.512.7
FG成功率(FG%).415.370
3P成功率(3P%).389.365
FT成功率(FT%).818.885
リバウンド(REB)2.21.8
アシスト(AST)1.41.0
スティール(STL)1.10.9
ブロック(BLK)0.20.3

関連選手

  • URLをコピーしました!
目次