【NBA選手名鑑】Norman Powell(ノーマン・パウエル)

  • URLをコピーしました!

ドラフト下位指名から強豪チームの主力選手として重宝されるノーマン・パウエルについて紹介します。(更新日:2022/10/21)

目次

Profile(プロフィール)

氏名Norman Powell
(ノーマン・パウエル)
生年月日1993年5月25日
出身地アメリカ合衆国
カリフォルニア州サンディエゴ
身長 / 体重 208cm/111kg
出身校カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)
ポジションSG/SF
ドラフト2015年ドラフト46位
引退
所属チーム2015 – 2021:TOR(ラプターズ)
2021 – 2022:POR(ブレイザーズ)
2022 -   :LAC(クリッパーズ)
主な受賞歴リーグ優勝(1回)

Play Style & Stats(プレースタイル / スタッツ)

Play Style(プレースタイル)

Embed from Getty Images

PER14.6
USG%21.1%
WS/48.099
BPM-0.2
TS%58.8%

PER :実力指数。リーグ平均は15。
USG%:その選手で終わったオフェンス割合。
WS/48:48分換算での勝率。高いほど優れている。
BPM :選手の貢献度を表す指標。平均は0。。
TS% :全シュートを考慮したシュート確率。

管理人
チームの3番手の選手として高い需要がある3&D!エース級ではないものの爆発力があり、ハマれば週間MVPを受賞する実力がある伏兵のイメージ。

チームの3rdオプションとして輝く、高確率シューター

パウエルの武器は滑らからステップでのドライブと、高確率で決めることができる3Pシュートだ。オフェンスのテンポが良く、独特のリズムを刻むステップでゴール下に切り込む。波に乗ると一気にスコアリングする爆発力を合わせ持っている。特に4割近い成功率を誇る3Pシュートやパス合わせが上手いため、スラッシャー型のエースプレーヤーを起点としたオフェンスシステムで輝くタイプ。

安定したバックコートのディフェンス

大学時代からディフェンスが評価されており、NBA入り後も献身的なディフェンスでチームを支えている。ゴール近くのディフェンスには難があるが、アウトサイドのディフェンスは平均以上のディフェンダーだ。ディフェンスの安定感はプレーオフで特に重要であり、3&Dとしての高く評価されている。

今後は安定性のあるプレーが求められる

2019−20シーズンは週間MVPに輝くほどのパフォーマンスをみせたこともあるが、アシストが少なく、不調時の対応に苦心する場面は少なくない。特にプレーオフでは好不調の波が激しくなる傾向があり、経験値を活かしてプレーの緩急を身に着けることが今後のポイントとなりそうだ。

スマホでの動画閲覧はコチラから ⇒
https://www.youtube.com/watch?v=5p6KHGVsH6M

              レギュラーシーズン プレーオフ 
出場試合数(G)42173
出場時間(MIN)22.418.2
得点(PTS)11.38.0
FG成功率(FG%).463.447
3P成功率(3P%).384.382
FT成功率(FT%).831.814
リバウンド(REB)2.62.0
アシスト(AST)1.51.0
スティール(STL)0.80.6
ブロック(BLK)0.30.2

関連選手

  • URLをコピーしました!
目次