【NBA選手名鑑】Robert Williams Ⅲ(ロバート・ウィリアムズ三世)

    類稀な身体能力を武器にリバウンドとブロックを量産する若手ビッグマン、ロバート・ウィリアムズ三世について紹介します。(更新日:2021/8/14)

    目次

    Profile(プロフィール)

    氏名Robert Williams Ⅲ
    (ロバート・ウィリアムズ三世)
    国籍アメリカ合衆国                 
    出身ルイジアナ州シュリーブポート
    出身校テキサスA&M大学
    生年月日1997年10月17日
    身長/体重203cm/108kg
    ポジションPF/C
    ドラフト2018年ドラフト27位
    NBA 経歴2018 –
    ボストン・セルティクス
    引退
    永久欠番

    NBA 受賞歴

    NBA 優勝
    シーズン MVP
    ファイナル MVP
    MIP
    6th man賞
    All NBA 1st
    All NBA 2nd
    All NBA 3rd
    最優秀守備選手
    All Defensive 1st
    All Defensive 2nd
    新人王
    All ルーキー 1st
    All ルーキー 2nd
    得点王
    リバウンド王
    アシスト王
    スティール王
    ブロック王
    オールスター出場
    オールスターMVP

    Play Style(プレースタイル:独自評価)

    PER:23.9
    ※ PER(Player Efficiency Rating):スタッツを実力指数に変換した数値で、リーグ平均は15。

    オフェンス総合☆☆
    ディフェンス総合    ☆☆☆☆☆
    身体能力☆☆☆☆☆
    得点力(シュート)☆☆
    リバウンド☆☆☆☆☆
    アシスト(ゲームメイク)☆☆
    ハンドリング
    バスケットIQ☆☆
    テクニック☆☆☆
    人気/知名度☆☆

    注目ポイント:ロバート・ウィリアムズ三世

    POINT1:高い得点効率を誇るアンダーサイズのビッグマン

    機動力が高く、抜群の身体能力を武器にインサイドで得点と稼ぐアンダーサイズのビッグマン。ダンクやプットバックショットが中心だが、ミドルからも得点できる。トランジション・オフェンスに参加できる走力があり、チームに勢いをもたすことができる。

    POINT2:36分換算でキャリア平均3.8ブロックのリムプロテクター

    キャリア3年で平均3.8ブロックを記録している優秀なリムプロテクター。高い身体能力と225.5cmというウィングスパンを武器に、リム周りのディフェンスは大学時代から高く評価されている。また、機動力があるため、ディフェンスでミスマッチになりにくいということも特徴の1つだ。

    POINT3:オフェンス・バリエーションの少なさが課題

    オフェンスのバリエーションは多いとはいえず、オフェンスパターンの多くがピック&ロールが中心。ジャンプシュートをほとんど打たないためスペーシング面で課題があり、好不調のムラも激しい。近年はアシスト数が増えているため、オフェンスのバリエーションが増えれば厄介な選手になりそうだ。

    スマホでの動画閲覧はコチラから ⇒
    https://www.youtube.com/watch?v=D9_TP3aRjLs

    NBA  STATS(スタッツ)

                  レギュラーシーズン プレーオフ 
    出場試合数(G)11319
    出場時間(MIN)14.710.9
    得点(PTS)5.73.7
    FG成功率(FG%).720.702
    3P成功率(3P%).000.000
    FT成功率(FT%).623.500
    リバウンド(REB)5.03.8
    アシスト(AST)1.10.6
    スティール(STL)0.70.2
    ブロック(BLK)1.50.8

     にほんブログ村 その他スポーツブログ NBAへ

    目次
    閉じる