【NBA選手名鑑】Victor Oladipo(ビクター・オラディポ)

  • URLをコピーしました!

近年は怪我に泣かされているものの、健康であればリーグ有数の2wayプレーヤーであるビクター・オラディポを紹介します。(更新日:2022/10/23)

目次

Profile(プロフィール)

氏名Victor Oladipo
(ビクター・オラディポ)
生年月日1992年5月4日
出身地アメリカ合衆国
メリーランド州スルバースプリング
身長 / 体重 193cm/97kg
出身校インディアナ大学
ポジションSG
ドラフト2013年ドラフト2位
引退
所属チーム2013 – 2016:ORL(マジック)
2016 – 2017:OKC(サンダー)
2017 – 2021:IND(ペイサーズ)
2021    :HOU(ロケッツ)
2021 -   :MIA(ヒート)
主な受賞歴スティール王(1回)
MIP(1回)
All NBA 3rd Team(1回)
All Defensive 1st Team(1回)
All Rookie 1st Team(1回)
オールスター出場(2回)

Play Style & Stats(プレースタイル / スタッツ)

Play Style(プレースタイル)

Embed from Getty Images

PER16.4
USG%25.5%
WS/48.080
BPM0.9
TS%53.5%

PER :実力指数。リーグ平均は15。
USG% :その選手で終わったオフェンス割合。
WS/48:48分換算での勝率。高いほど優れている。
BPM :選手の貢献度を表す指標。平均は0。
TS% :全シュートを考慮したシュート確率。

管理人
大学時代から評価されていたディフェンスから、オフェンス面でも才能を開花させた2wayプレイヤー!ペイサーズではエースとして数々のクラッチシュートを決めている!

ドライブとシュートを使い分けるオフェンス

2017年時点での評価はコストパフォーマンスの悪い選手という位置付けだったが、ペイサーズ加入をきっかけにフィニッシャーとしての才能が開花。SGとしては特段高いシュート確率ではないが、鋭いステップを武器にドライブとアウトサイドシュートを使い分け、非常に守りにくい選手の1人だ。

クラッチでの勝負強さ

ペイサーズ移籍後は試合終盤にボールを任されることが多く、クラッチタイムでのプレーがハイライトシーンに数多く使われている。スタッツ的にはクラッチタイムに特別強いわけではないが、試合終盤で起点になることが多いため、スタッツ以上に接戦時のクラッチタイムに強い。

大学時代から評価されるディフェンス

大学時代から守備に高い評価を得ており、オフボールでの判断に優れている。特にスティールに関してはルーキー時代から平均1.6スティールを記録しており、健康であればリーグ有数のペリメーターディフェンダーの1人であり、守備でチームに流れを引き寄せることができる選手だ。

スマホでの動画閲覧はコチラから ⇒
https://www.youtube.com/watch?v=zVlJW_1pltA&t=10s

              レギュラーシーズン プレーオフ 
出場試合数(G)46231
出場時間(MIN)32.830.1
得点(PTS)17.414.3
FG成功率(FG%).438.384
3P成功率(3P%).348.328
FT成功率(FT%).790.802
リバウンド(REB)4.64.8
アシスト(AST)3.93.0
スティール(STL)1.61.7
ブロック(BLK)0.50.3

関連選手

  • URLをコピーしました!
目次