【NBAチーム名鑑】Oklahoma City Thunder(オクラホマシティ・サンダー)

オクラホマ州オクラホマシティに本拠地をおく、シアトルから移転したオクラホマシティ・サンダーについてご紹介します。

目次

What’s Oklahoma City Thunder(基本情報)

本拠地オクラホマ州オクラホマシティ
カンファレンスウェスタン・カンファレンス
ディビジョンノースウェスタン・ディビジョン
略称OKC
アリーナぺイコム・センター
Gリーグ提携チームオクラホマシティ・ブルー

Team History(歴史)

創設1967年
チーム史シアトル・スーパーソニックス(1967年 – 2008年)
オクラホマシティ・サンダー (2008年 – )
優勝1回(1979年)
永久欠番[ 1]:ガス・ウィリアムズ
[ 4]:ニック・コリソン
[10]:ネイト・マクミラン
[19]:レニー・ウィルケンズ
[24]:スペンサー・ヘイウッド
[32]:フレッド・ブラウン
[43]:ジャック・シクマ

1966年に設立された「シアトル・スーパーソニックス」を前身としており、2008年にオクラホマシティに本拠地を移転した。

70年代から90年代まで中堅どころの強豪に位置しており、移転後はソニックス時代最後のドラフト指名選手となったケビン・デュラント、サンダー初のドラフト指名選手のラッセル・ウエストブルック、翌年にドラフトしたジェームズ・ハーデンの3人を中心にリーグ屈指の強豪となった。MVP選手を3年連続でドラフト指名したスカウティング力はリーグ屈指で、再建中の現在においても徐々に若手タレントが揃ってきている。

“NBAイズムが選ぶ!” G.A.O.T. (チーム史上最高の選手)

Gary Payton(ゲイリー・ペイトン)

シアトル時代、オクラホマ時代を通してサンダーには名選手を多く輩出しているが、その中でもペイトンは特異だ。出場試合数/アシスト/スティールでチーム記録を持っているだけではなく、オールディフェンシブ1stチームに9年連続で選出され、PGとしては当時初の最優秀守備選手賞を受賞した。ショーン・ケンプとのコンビはリーグ史に残るエキサイティングなデュオとして、今もファンに語り継がれている。

“NBAイズムが選ぶ!” オクラホマシティ・サンダー 歴代トップ5

【G】
Gary Payton
ゲイリー・ペイトン
【G】
Russell Westbrook
ラッセル・ウェストブルック
【F】
Kevin Durant
ケビン・デュラント
【F】
Shawn Kemp
ショーン・ケンプ
【C】
Jack Sikma
ジャック・シクマ

Oklahoma City Thunder Team Information(チーム情報)

チームスタッフ

Head Coach

Mark Daigneault
(マーク・デイノート)

GM

Sam Presti
(サム・プレスティ)

President

Sam Presti
(サム・プレスティ)

Main Owner

Clay Bennett
(クレイ・ベネット)
Roster 情報
あわせて読みたい
【2023-24:チームプレビュー】Oklahoma City Thunder(オクラホマシティ・サンダー) 【2022-23シーズンの振り返り】 勝率40-42(.487)Play Offプレーイン敗退オフェンス115.2(13位/30チーム)ディフェンス114.2(14位/30チーム)PACE101.1(6位/30チー...
目次