【NBA選手名鑑】Jason Kidd(ジェイソン・キッド)

  • URLをコピーしました!

1990年代後半〜2000年代を代表するPGであるジェイソン・キッドについて紹介します。(更新日:2022/10/22)

目次

Profile(プロフィール)

氏名Jason Kidd
(ジェイソン・キッド)
生年月日1973年3月23日
出身地アメリカ合衆国
カリフォルニア州サンフランシスコ
身長 / 体重 193cm/95kg
出身校カリフォルニア大学
ポジションPG
ドラフト1994年ドラフト2位
引退2013年
所属チーム1994 – 1996:DAL(マーベリックス)
1996 – 2001:PHX(サンズ)
2001 – 2008:NJN(ネッツ)
2008 – 2012:DAL(マーベリックス)
2012 – 2013:NYK(ニックス)
主な受賞歴リーグ優勝(1回)
アシスト王(5回)
All NBA 1st Team(5回)
All NBA 2nd Team(1回)
All Defensive 1st Team(4回)
All Defensive 2nd Team(5回)
新人王(1回)
All Rookie 1st Team(1回)
オールスター出場(10回)
永久欠番(BKN)
殿堂入り

Play Style & Stats(プレースタイル / スタッツ)

Play Style(プレースタイル)

Embed from Getty Images

PER17.9
USG%19.2%
WS/48.133
BPM3.8
TS%50.7%

PER :実力指数。リーグ平均は15。
USG%:その選手で終わったオフェンス割合。
WS/48:48分換算での勝率。高いほど優れている。
BPM :選手の貢献度を表す指標。平均は0。
TS% :全シュートを考慮したシュート確率。

管理人
チームを勝たせる司令塔!ネッツ時代移籍後に弱小球団を一気に2年連続ファイナルに導いたのはキッドの真骨頂だね!

チームを勝たせる司令塔

ジェイソン・キッドは史上最高のPGの1人だ候補だ。チームが空中分解したキャリア最初の2年を除いてキッドは17シーズン連続でプレーオフに駒を進めており、ネッツに所属していた2001−02シーズンには前年の26勝56敗から一気に2年連続でNBAファイナルへ導く活躍で、PGとしての評価を確立させた。

代名詞はトラジッションオフェンス

派手なパスや速攻が目立つが、キッドの真骨頂はディフェンスにある。キッドはリーグ下位だったネッツのディフェンスをリーグ5位に引き上げ、リバウンドにも強いため、ディフェンスを起点としたトランジションオフェンスを代名詞にしている。反面、機動力のないビッグマンとの相性は良くなかった。

キャリア初期から完成された「Mr. トリプルダブル」

キッドはキャリア初期から晩年まで、安定したスタッツを残している。アシストとスティールは歴代2位の記録しており、キャリア平均6.3リバウンドは注目に値する。キャリア通算107回のトリプルダブルも、自然とスタッツが積み上がったというイメージが強く、天性のプレーメイク能力を持っている。

スマホでの動画閲覧はコチラから ⇒
https://www.youtube.com/watch?v=kJyvb3h440I

              レギュラーシーズン プレーオフ 
出場試合数(G)1,391158
出場時間(MIN)36.038.5
得点(PTS)12.612.9
FG成功率(FG%).400.391
3P成功率(3P%).349.322
FT成功率(FT%).785.781
リバウンド(REB)6.36.7
アシスト(AST)8.78.0
スティール(STL)1.91.9
ブロック(BLK)0.30.3

関連選手

  • URLをコピーしました!
目次