【NBA選手名鑑】Russell Westbrook(ラッセル・ウエストブルック)

  • URLをコピーしました!

トリプルダブル達成数で歴代1位となったNBA屈指のオールラウンダー、ラッセル・ウエストブルックについて紹介します。(更新日:2022/10/22)

目次

Profile(プロフィール)

氏名Russell Westbrook
(ラッセル・ウエストブルック)
生年月日1988年11月12日
出身地アメリカ合衆国
カリフォルニア州ロングビーチ
身長 / 体重 191cm/91kg
出身校カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)
ポジションPG
ドラフト2008年ドラフト4位
引退
所属チーム2008 – 2019:OKC(サンダー)
2019 – 2020:HOU(ロケッツ)
2020 – 2021:WAS(ウィザーズ)
2021 -   :LAL(レイカーズ)
主な受賞歴シーズンMVP(1回)
得点王(2回)
アシスト王(3回)
All NBA 1st Team(2回)
All NBA 2nd Team(5回)
All NBA 3rd Team(2回)
All Rookie 2nd Team(1回)
オールスター出場(9回)
オールスターMVP(2回)

Play Style & Stats(プレースタイル / スタッツ)

Play Style(プレースタイル)

Embed from Getty Images

PER22.6
USG%32.1%
WS/48.144
BPM4.2
TS%52.7%

PER :実力指数。リーグ平均は15。
USG%:その選手で終わったオフェンス割合。
WS/48:48分換算での勝率。高いほど優れている。
BPM :選手の貢献度を表す指標。平均は0。
TS% :全シュートを考慮したシュート確率。

管理人
圧倒的な身体能力と熱量でトリプルダブルを量産するアスレチックPG!レイカーズ移籍後は精彩を欠いてるけど、老獪なプレーで復活してほしい…

NBA歴代随一のトリプルダブル製造機

オスカー・ロバートソン以来史上2人目のシーズントリプルダブルを達成した歴代屈指のオールラウンダー。抜群の身体能力を武器に51年ぶりNBA史上2人目のダブルトリプルダブルを記録している。身体能力を活かしたドライブからプレーメイクすることが多く、自身のリバウンドから速攻に持ち込むことも少なくない。

シュート成功率は高くないスラッシャー型のPG

ウエストブルックは非常に練習熱心であることが知られているが、シュートを乱発することもあり成功率は高くない。特に3Pシュートは30%前後とガードとしては低く、身体能力を活かしたドライブが主体となっている。身体能力の衰えとともに徐々に支配力に衰えが出てきており、自身が起点としてボールを保持するスタイルからのプレースタイルの変化を余儀なくされている。

若手のメンターとしての一面

ウィザーズ時代に八村塁とチームメイトになったことで日本人にもなじみが深いが、バスケットボールに対して非常にストイックな選手。練習へのストイックさと、試合に対する熱量は在籍したチームの若手プレーヤーに大きな影響を与えている。メディア嫌いな面があり誤解されやすいが、チームメイトからの評判は良いことが多い。 

スマホでの動画閲覧はコチラから ⇒
https://www.youtube.com/watch?v=bxLbsmZ9qaY

              レギュラーシーズン プレーオフ 
出場試合数(G)1,023111
出場時間(MIN)34.737.5
得点(PTS)22.824.6
FG成功率(FG%).438.408
3P成功率(3P%).304.296
FT成功率(FT%).783.827
リバウンド(REB)7.47.1
アシスト(AST)8.47.9
スティール(STL)1.71.8
ブロック(BLK)0.30.3

関連選手

  • URLをコピーしました!
目次